ワンダーフェスティバル2014[冬] レポート1 成人&燃え 造形 おでかけフォト

撮影:2014/02/09

レポート5部構成、約600枚&200ディーラー。
会場には4時間しかいられなかったので、メーカーブースのエリアを完全無視し、個人ディーラーおよび一般スペースに紛れ込んだ零細メーカーを写している。使用機材は Nikon Df + Micro105mmF2.8G + SB-700 + HAKUBAディフューザー2WAY L をメインとし、記録用レンズとして 28mmF1.8G が控える。東方Projectの射命丸文にてデコレーションした痛カメラ仕様。予備バッテリー2個、予備メディアひとつ、予備の単3乾電池4個。世界遺産の富士山。2年ぶりにガレージキットの祭典、ワンフェスへ行ってきた。あいにく数十年に一度の大雪となり、交通は大混乱。会場に着いたのは予定より2時間半遅れの12:30だった。千葉県千葉市美浜区 幕張メッセ大雪の影響でディーラーの欠席が目立つ。それでも200ディーラーほど写せた。来客はやや低調だったみたい。いきなり成人向けゾーンに入った。前回はあと30分あれば写せていた区画だ。だから今回は最初にした。
Snakebiteファーストおよびセカンドショットは失敗。ご尊顔がピンボケ。以降はできるだけ顔にピントを合わせるようにした。Nikon Df は35mm機の常として中央にAFエリアが集中しているが、ほとんどの被写体は構図的にAFエリア外へ顔が来る。したがって大半の写真はマニュアルでフォーカスを追い込んだ。普段のフィギュアレビューとおなじ。成人向けゾーンといっても、個人的な趣味により、ガチエロ物(ほとんどが巨乳)の撮影率は低い。よつばとフィギュアは「ロリっと」なレビューサイトで、私自身もロリコンだし。ガチエロ物にはアソコにモザイク入れてるので、年齢制限の警告は付けない。おっぱい物は作品性・話題性が高いと感じたら写しているぜ。京都クラフトハウスMR・BIGモザイク入れたら余計に卑猥?事後とは、エロすぎた。ORCATOYS
普通にフィギュアメーカー。黒猫は初夏に発売予定のやつだね。サンプルなんだろうけど、まるでPVC完成品のような質感だ。IWGK成人向けゾーンといっても、展示の一部がエロいやつってディーラーも多かった。そのエロくないやつの撮影比率が高くなってしまうのは、私の個人的趣向から仕方ないところ。P-UNiT&P'z東京ドール
あ、背景のにモザイク入れ忘れた。まいいかただの線だし。初音ミクだろうが脱がすのが造形の世界。ケサランパサラン特殊な性癖向けだ。もっとも萌えなフィギュアそのものがすでに特殊の類型だが。やわうな
艦これ。あかかた工房Q-sixここもメーカー。INFおっぴろげ系だな。MM-MFPこのディーラー、どうして成人向けゾーンにいるのだろう。調べたら以前はエロを出してたようなので、自動で割り振られたとか?A-TOYS
メーカーだぜ。ネットで話題になった1/2カトレア。数万円。後ろの人間と比較。ボリュームも重さも特大だ。スオマライストゥットゥ版権のエロも多いね。LECHERY
メーカー。うちで買ったことのないメーカーがこのゾーンには多いが、それはエロ系フィギュアのビッグおっぱい率が高いため。これは乳首までありそうかも。少年マンガのフィギュア化だろうが造形しちゃうのが男のサガ。このディーラーではなくメジャーメーカーの仕事だったが、以前にもPVC量産品となったワンピースのフィギュアでボイン丸ごと作って、ちょっと問題になったことがあった。百姫夜后独自の世界だ。ムーンライター独自解釈な衣装。クルシマ製作所
またもやメーカー。老舗だけに完成度が高いぜよ。半眼工房ロリエロだけじゃない。いかにも古き良きガレージキット。はいてないっ?
隠してるようで肉がはみ出てたのでモザイク。Off-Scouring
普通の萌えフィギュアを展示していた。なんで成人向けゾーンにいたのか不明。きんいろモザイクのアリスだ。こういうのはモロに好み。可愛いな。ここから燃え系を抜粋。ネタも含む。私の個人的趣味により点数は少ない。たまに目に付いたのを写しただけ。撮影順。
turn right!empty
これは同ディーラーの萌えフィギュアを写したついで。どうも塗装済み完成品として一般発売されるらしい。ぺこぽこネタフィギュアだらけ。K発掘所
この系統には弱いな。つい写してしまう。すかんぽWorks
アートディンクのどマイナーなロジックシミュレーションゲーム、カルネージハートシリーズのメカだ。私はカルネを10年ほど断続的に遊んでた。いまは東方だけ。アルバクリエイツ/らいとすたっふ
銀河英雄伝説、指向性ゼッフル粒子発生装置(戦略用)。キルヒアイス艦隊に配属されていたもの。帝国軍の工作艦。同盟軍第11艦隊旗艦エピメテウス。第3次ティアマト会戦で戦没。メルカッツ艦隊/フィッシャー艦隊旗艦のシヴァ。大日本技研×佐川電子
アップルシードのランドメイト ギュゲス。実際に乗れて、動かせるようだ。人間が実際に動かせるロボットはほかにも出展されていて、今回は榊原機械のランドウォーカー(3600万円〜)を何人かが動かしたとのこと。この手のロボットで過去最大の展示は水道橋重工のクラタス(1億4000万円くらい)かな。これより先はひたすら萌えフィギュアだよ。

造形 撮影リスト
夢中 撮影リスト
漫遊 撮影リスト
風物 撮影リスト
© 2005~ Asahiwa.jp