AMAKUNI WIXOSS-ウィクロス- 1/7黒点の巫女 タマヨリヒメ HOBBY JAPAN限定 フィギュアレビュー

発売:2017/01 原型:taka(小抹香) 彩色:星名詠美

こんなタマを、見ないでね――いとうのいぢデザイン。1枚目F2→2枚目F11。萌え仏像っぽい感じなので、ライティング演出。カードゲームの人気キャラとか。イラストはいとうのいぢ!特典で大きなマルチクロス付き。こいつはすぐ汚れるので開封しないぜ。このイラストが特典の。黒い心に蝕まれたタマという設定。タマがなにか知らんがまあ可愛い。下は単灯の試写。距離1m以上からの遠投射。近いときは10cm未満、遠ければ1.5m。今回はライティング複数試し、最近もっとも出番の多い4灯に落ち着いた。トップ+サイド+シェルクラム+キー。完成度は素晴らしい。AMAKUNIブランドは妥協しない安定したクオリティでフィギュアを届けてくれる。以前なら通販限定はイマイチの代名詞だったが、その常識を根底から覆したのがホビージャパンやネイティブだ。いまやホビージャパンで外れなど存在しない。博打でもなんでもなく、サンプル展示のものがそのまま届く。だからAMAKUNIの撮影・編集はいつも力が入るぜ。タマヨリヒメも撮影だけで2時間近く掛かった。撮影102枚、採用42枚。ライティングのテストが多い。背中の情報量もわりと多め。暗黒面に落ちた女神かなにか。例によって原作知らん。買う金があればフィギュアに回すし、遊ぶ時間あればサイト更新する。フィギュアのアップが月に10体ていどに減ってる? 気にするな。フィギュアのディテールは細部まで細かい。パーツ精度も良し、塗りもよし。検品もしっかりだ。斜め上より。マイクロ60mmで。今回の撮影はマクロレンズ4本にX100T+テレコンをすべて動員した。ハロ現象+3passデモザイク。これを非画像処理で出すには、「わざと絞り開放の性能を落とした」表現用途のデジタル専用レンズが必要。バストアップ無表情の美。頭のやつは堕天使をイメージした翼かな?イヤリングでけえ。前髪など。壊れやすいので扱い注意。髪の毛背負った光輪。胸など。これ服というより水着だな。わきとか。背中足。完全に魔の属性だぜ。腰と足。台座胸の谷間。「服を着てる感」をしっかり表現し、細部まで丁寧に造形している。股間の隙間。つい見てしまう。疑似スジどのアングルからも一本線くっきり中央。ホットパンツみたいに見えるが――このアングルやべえって。金色のところとかパねえ。

WIXOSS-ウィクロス- レビューリスト
2017年発売フィギュア レビューリスト