東方雅華乱舞トレーディングフィギュアコレクションVol.5 フィギュアレビュー

発売:2012/02:サーファーズパラダイス

全8種のうち7種、みんなロリ系。だから今回は10箱ボックスを大人買い。イラストはいいんだよね。イラストは。実物はこうだけど。でも代替えがないから貴重といや貴重なり。値段は――考えるな、感じるんだ。ノーマル6種、シクレカラー2種、全8種のうち、7種。今回のレビューでいないのはアナザーカラーのアリス。BOX買いでついてきた特典っぽいクリアファイル。フランドール・スカーレット(イラスト:立羽)今回はラインアップ順を無視して、「出来がよい」と感じた順に掲載している。個人的にフランちゃんが一番の当たりだった。顔と、ポーズと、情報量の総合で。ね、この造型量。800円でこれならまあいいやとなるね。アップもけっこういい感じさ。ほかがちょっと残念なんで。髪はふにゃだぜ。細部を見てみるぜ。スカート短いな。ショートズロース。エロはないけど、可愛さは一番だった。ナズーリン(イラスト:里村響)2番目に良かったのがナズ。こいつも情報量や造型はけっこう良い。ぱんつだし。動きもあって飾り映えもするだろう。東方物は基本的に造型レベルを気にしたら負けかも。5年くらい前ならこの出来で十分な評価が得られるんだが。あちこち写してゆくぜ。ドラマ性はある。ぱんつだし。しかも小学生高学年から中学生が穿くようなタイプのやつだ。ロリコン垂涎。ナズはこの下着のために求めてもいいかもね。リリーホワイト(イラスト:Capura.L)3番手は春ですよで食ってる妖精。ボリュームは今回一番かな。重い。造型はダルいけどね。春だよ〜〜。あとは適当。下着はいきなりピンク。予想外でびっくり。黒リリーホワイト(シークレット)シクレはゲームにもしっかり登場した、必然性のある配色でお得だ。ファンタジー色なんかかなりどうでもいいんで、こういうカラーリングはもっとして欲しいね。細部は省略、下着もおなじだったぜ。ちっこいのに皺や肉感がいっちょまえだ。アリス・マーガトロイド(イラスト:ぱるたる)このアリスまでがぎりぎり許せる範囲かな。独特の姿形は、イラストレーターの絵柄を再現しようとしたものだ。この顔は面白い。イラストには似てないけど、アリかな。ファンアートが活発で多くの人気絵柄が存在している東方は、フィギュアに関してもどんな造型であれ、味さえあれば許される側面がある。あちこち〜。アナザーカラーのアリスは黒いらしい。ゲームの2Pカラーだね。ズロース伊吹萃香(イラスト:ととねみぎ)こいつは駄目だ。顔が死んでる。顔が死んでる。顔のアップは写してない。死んでる。イラストにあったミニ霊夢(萃香の頭上でごつん)を造型してないのもな。霊夢がいないと、巨大化してる萃香って分からんだろ。(イラスト:すか)顔が死んでる。照明でごまかしてるけど、実物は相当なものだぜ。だから撮影も適当。顔のアップもなし。ぱんつだけはナズに匹敵してるんだよな。惜しすぎる。第一弾を除いてクオリティの低いシリーズなので、今回のように好みのキャラが集中してないと、なかなか手を出しづらい。すくなくとも7種中5種まではなんとか大丈夫かなって感じだった。

東方Project レビューリスト
2012年発売フィギュア レビューリスト