東方Project 封獣ぬえ フィギュアレビュー

発売:2012/11:アクアマリン 原型:アリヌ(アリヌの工作部屋)

ぬえぬえ。すっかりロリになったぬえ。ガレキからPVC化だ。あまり詳しくない人には東方物のフィギュアとはわかんないかも。幼児化してるしね。でも紛う事ない封獣ぬえだ。エクストラボスなので幻想郷界隈でもかなり強い妖怪のはず。元ネタは名前の通り鵺(ぬえ)だ。平安時代に京の都を恐怖に陥れたという伝説がある。平安京で化け物といえば、平安京エイリアンという古いゲームがある。そのイメージでテーマ曲をはじめ、星蓮船のUFOだとか正体不明だとかあるらしいね。左右非対称で面白い翼だ。原型はアリヌの工作部屋のアリヌ氏。東方のいろんなキャラを真性ロリ化させるていどの能力。もっとほかの作品もあるので、機会あらばいずれはPVCで拝みたいものだ。斜め上より。台座の飾りにあるように空を飛んでいるが、ぬえは地面を歩いてるイメージがないのも確か。適当な構図で。三つ叉でツンツン。アップ実寸がけっこう小さいぶん、ディテールはおそらくガレキ版よりも多少は失われているだろう。それを補ってるのがクリア素材の透明さと、PVC肌の質感だな。髪の毛ぬえの服はミニワンピ。原作絵でもかなりのミニスカ。両腕刺されたら痛そう。ヘビ君。鵺はいろんな動物のキメラだ。猿・狸・虎・蛇が混じってる。翼は背中のスリットより生えている。東方じゃいきなり服より生えてるのが多いので、意外だ――グリフォン版を見てみると、やはり服から生えてる。その意味ではこちらのフィギュアがより考慮されてるか。刃物状でシャープな赤い翼。矢印うねうねの青い翼。服の色は基本的に赤と黒。下着はピンクだった。ぱんつのディテールはけっこうある。おしり側前側の布量から見て、サイドはほとんど紐状体だろう。大人指向だな。

東方Project レビューリスト
2012年発売フィギュア レビューリスト