東方儚月抄 霧雨魔理沙Rev.TOKIAME フィギュアレビュー

発売:2009/12:一迅社/コトブキヤ 原型:御園翁人

夜飛ぶ魔理沙にふさわしい、妖しき発光ギミック。東方儚月抄の絵柄がフィギュアに起こされた。開発コトブキヤ、発売は一迅社。一迅は東方プロジェクト公式書籍で角川に先行した出版社だ。コトブキヤだけあって造形レベルの高さはいうまでもない。この撮影では、台座支柱の星型はずっと発光させていた。でもあまり分からない。それだけ光が弱いぜ。こじんまりとした中に、動きがよく詰まっている。フィギュアとしてよく出来ているから、撮影していて楽しい一体だ。背中側からだと重力的な2次元のウソが見て取れる。眺めるのは正面方向だから、その範囲で普通に見えるのならさして問題にはならない。さすが公式書籍をたくさん出してる会社の監修だけあって、魔理沙の各パーツのデザインは設定に忠実だ。ホウキひとつを見ても。TOKIAME魔理沙は誤って保管倉庫に入れてしまったことから、購入からレビューまで1年半を要してしまった。それゆえ前後発の魔理沙フィギュア群と比べることが出来るが、かなり上位の作品だね。人によって違うだろうが、多くの人は確実にトップ3へ入れるだろう。なにより、雰囲気がいい。前に足が来ているので、顔を楽しめる範囲がやや狭いのが難点だ。とんがった帽子。他社製と比べ、フィギュアのテーマと一致させた融和性優先の造りだ。それでいて帽子外しも可能と。レベル高くてやるね。魔理沙のバストは各種準公式絵でもぺったんこだが、このフィギュアでほぼ公式化したといってよいね。もっとも2011年6月時点で胸のおおきな魔理沙のフィギュアはPVC完成品では1体も出ていない。せなーかミニ八卦炉通販のおまけで付いてきた八卦バルーン。あみあみの特典だったかなこれ。特典の内容は通販店ごとに違っていた。さすが出版社。スカート前面前掛け。魔理沙のビジュアルイメージで前掛けの割合はかなり大きいと思っている。スカートの後部と脚部。素足ブーツはなぜか東方に多い履き方。この竹箒は節々の造形が見事だ。でっかい星形。中でライトが付いているのがかすかに分かるていど。ちょっと撮影用照明がきついかな。ちょっとだけ装飾性のあるブーツ。飾り気も必要だぜ。スカートの中身はズロース。ミニロドワーズ。ヒダがかなり細かいぜ。

東方Project レビューリスト
2009年発売フィギュア レビューリスト