マックスファクトリー 東方LostWord 1/8 霧雨魔理沙 GOODSMILE ONLINE SHOP限定 フィギュアレビュー

発売:2022/08 原型:ひろし(桜前線) 彩色:中野フィギュア教室(福井)

東方系ソシャゲの普通の魔法使いだぜ。 普通だけど派手だぜ。マスタースパーク寸前元イラ。ゲーム中のデフォルト絵。原型は最近東方の商業フィギュアでわりと見かける気がしてるひろし氏。さすがにミニ八卦炉のエフェクトは再現してないが、おおむね良好な完成度とディテール量。単純に霧雨魔理沙のフィギュアとしても上位に入るだろう。東方のフィギュアはまだまだ人気が続いてるわりに数が出なくなってきており、機会があれば買うべし買うべし。東方LostWordは若い新規ファンのかなり重要な受け皿になっている。やはりその魅力は膨大なグラフィックと1キャラ複数の重厚な声優陣で、ある意味このゲームから東方ファンに入る人もいるとかいないとか。東方LostWordはグッスマがメイン出資者。ゆえにフィギュアの完成度も自社コンテンツということで良好なものになる。企画生産はマックスファクトリーだが、このメーカーは企画のけっこうな部分と流通をグッスマに任せている。事務系の得意な人材や部署を有した大きめのメーカーを中心として、寄り子メーカーは企画開発にひたすら集中できる。最近のフィギュア業界で普遍化してる流れで、フィギュアの平均クオリティというか完成度の量産精度はしらんけど、少なくとも造形レベルは高い平均水準をずっと維持できてる。ここ10年ほどは、どの新規メーカーも最初からこの魔理沙レベルの完成度でサンプルが挙がるからいい時代ぜ。軸メーカーがいないか少なかった時期は、新規メーカーの初手はアレだったり邪神だったり、なかなか大変な時代もあった。買う側としては、地雷率が低くて買いやすい。ちょっとでも気になればとりあえず予約入れとけばいいわけだし、なんかイメージと違うなあと思ったら、高いうちに未開封でさっさと売っちまえばいい。リリース1ヶ月以内でヤフオク・メルカリなら、8割は回収できる。正面帽子だぜ。服正面線の使い方など、なかなか粋なアレンジ。ホウキ背中台座と星のエフェクトたち。かぼパンは公式設定だぜ。

東方Project レビューリスト
2022年発売フィギュア レビューリスト

© 2005~ Asahiwa.jp