東方Project 完全で瀟洒なメイド 1/8十六夜咲夜 フィギュアレビュー

発売:2011/12:キューズQ 原型:千鶴(鶴の館)

ナイフ投げの達人なメイドさんなんだぜ。キューズQの箱は比較的コンパクト志向なんで助かる。元イラストは独特の絵柄で魅力のある岩本ジェイムズ氏。フィギュア企画のための書き下ろしだ。造型はサークル鶴の館の千鶴氏が抜擢された。咲夜さんのフィギュアとしては胸がひかえめだ。よつばとフィギュア的にはOKだぜむしろ。こうして実際に買ってるし。グリフォンのi-con版咲夜さんですら胸のおおきさで予約回避してるほどだ。あとはまあまあ。元イラストにはまったく似てないけど、原型が千鶴氏というだけで関係なくなる。細やかな細部で、千鶴氏の作家性が全面に押し出されているね。咲夜フィギュアでは個人的にけっこう上位に来そう。斜め上より。エプロンのスカート垂れ部に岩本氏デザインによる時計の文字盤が並んでいるのは、時間を操る咲夜ならでは。すでに書いたけど、元イラストにはまったく似ておらず、むしろ千鶴氏の色が濃い。その印象を強めているのはアイプリントだろう。なぜ岩本ジェイムズ氏の絵柄を完全に無視したのかは謎だが、それ抜きで見れば普通に可愛い。ただし原型はともかく、量産品の部品精度にはやや難があるかな。1/8スケールなのに、まるで1/10スケールを見ている印象だ。あとは細部へと。胸だぜ。左手のナイフ3本は固定。右手のナイフは取り外し可能。イラストおよびディスプレイ例などでは1本だけなので、もう1本はおそらく予備だろう。背中。単純なのに、塗りが……気にしてもしょうがないか。見所はやはり文字盤演出か。スカートも斜め後ろが迫力のあるアングルとなる。脚部台座はコンパクトで、飾るスペースに優しい。ぱんつは白いぜ。しかも昔風――高度経済成長期あたりを想像させそうな古いデザインのぱんつ、ただし可愛いフリル付き。この下着は古いものが流れ着く幻想郷としてはかえってふさわしいかも。まるで女児ショーツのような布の多さが、かえって萌えるかも。以上、下着が意外なキューズQ咲夜さん。

東方Project レビューリスト
2011年発売フィギュア レビューリスト