東方Project Hobby JAPAN誌上通販 1/8比那名居天子 フィギュアレビュー

発売:2012/08:ホビージャパン 原型:ひろし(桜前線)

比那名居天子の読みはひななゐてんし。でもファンの愛称はてんこ(じつは半ば公式)。霊夢と愉快な仲間たち? の繰り広げる騒動の数々が楽しそうだからと、自ら怪異を起こした困ったちゃん。ひろし氏の造型により、そんな我が儘娘が立体化だ。美人系になってるが、とても天衣無縫なキャラには見えないだろう。情報量はグリフォン版より上だ。綿の演出も面白いしね。風のいたずらだな。それにしても美人系だ。PVCの成型肌は深窓の令嬢のような色白に調整されている。でも活発だよ。顔は完璧に美人解釈なので、好き嫌いが出そうだ。可愛い系が良いならグリフォン、美人好きならこのホビージャパン版だな。もっとも誌上通販商品なので、「しまったぜ!」な向きの入手方法は限られるが。帽子なし青く濃い髪の毛が魅力的だぜ。バーミヤン(失礼)こういう色はなんていうのだろう。ただの青というのも違うし。胴体の細さは東方キャラに共通する特徴だ。みんなスレンダーが好き。ついでに胸もできればあまり豊かでないほうが好み? 美人解釈だとバストは盛られがちだが、そこはてんこのこと、小粒に抑えてきた。東方はロリ率高い。きゃしゃな腕。強そうな剣だぜ。背中人によって解釈の変わるカラフルな前垂れは、ホビージャパン版では直接上着から生えている。グリフォン版は帯っぽいものだ。スカート裏ブーツは靴下はいてるかな? 素足ではいてるなら、その匂いをおじさんに嗅がせてくれたまえ。雲っぽいなにか。というか台座。足場となり、武器ともなる要石。遠近感下は公式設定通りかぼちゃパンツさまだ。グリフォン版はパンツでディテールもそこそこあるショーツだったけど、エロティックな視点で見ればホビージャパン版のこの股間も捨てがたい。

東方Project レビューリスト
2012年発売フィギュア レビューリスト