東方Project 今どきの念写記者 1/8姫海棠はたて フィギュアレビュー

発売:2012/05:グリフォンエンタープライズ 原型:でる

ケータイ記者、登場。これでスポイラーキャラは揃ったな。写りの良いフィギュアだった。あまり詳しくない人なら普通すぎて一瞬「東方?」と思うかも。でもれっきとした東方プロジェクトのキャラクターだ。彼女のコンセプトは「今風」なわけで、土日にその辺の通りを歩いていそうな女の子を、ちょっと天狗にしてみたぜってデザインだ。そのせいか、イベントなどではたてのコスプレはけっこう見かける。ちょっと上から見たら、顔があまり見えなくなる。顔面がやや下を向いてるので、飾るなら視線より高い位置が良いかも。顔はグリフォンエンタープライズでは良くできた部類だ――というより、2012年5月末のグリフォン東方物はみんな合格。このはたてと対をなすフィギュアは当然、おなじ新聞記者の射命丸文。ただしグリフォン版のあややはこのはたてとはバランス合わないだろうな。造型レベルで。ちょうどいい事にあややは原型レベルから完全リメイク、バージョン2として再リリースされる。それとなら、並べてうまく釣り合うだろう。天狗コンビ。頭部の様子。髪の絵だぜ。胴体など。よく分からんがはたても貧乳扱いなようだ。はたては念写を用いて、家にいながらにして記事を書ける。その念じる媒体が携帯――だったっけ。よく分からん。ストラップが地味に筆だ。実地で取材するときは携帯のカメラも使うらしい。そりゃ念写よりずっと正確だろうしね光学な写真は。背中スカートだよん。革製のポーチみたいなのは携帯入れかな。メモ帳がないってことは、記事本文も携帯に記すのかもね。脚部靴下と高下駄。台座のパーソナルマークは携帯のカメラか。あややのカメラとは桁がまったく違うけど。ちなみにあややのカメラとして良く取り上げられるライカM3ボディと標準レンズの組み合わせは、状態にもよるが20〜100万円くらいする。いまどきなので、スカートの中はショーツ。これで空は簡単には飛べないな。ぱんつのエロ度はあまりないよ。でもクロッチやゴムなどのディテールはちゃんとある。東方フィギュアの下着としては、合格点なほうだろう。

東方Project レビューリスト
2012年発売フィギュア レビューリスト