東方Project 七色の人形遣い 1/8アリス・マーガトロイド DX type&上海/蓬莱人形セット フィギュアレビュー

発売:2011/11:キューズQ 原型:ケロリソ(XELFLEX)

アリス人形×10アリス人形隊、前面へ移動。かかれっ!七色の人形遣い 1/8アリス・マーガトロイド DX type通常版と人形セットが同梱されているデラックスタイプだ。今回の撮影はそれにさらに人形セット単体をひとつ加えた、アリス1人、人形10体の構成で行っている。人形にたくさん囲まれていると、迫力もちがってくるな。情報量はめいっぱい。見応えのある作品だろう。ズロースとはいえ、下着まるみえで大胆なさまだ。東方プロジェクトのフィギュアはデザインが比較的シンプルで、情報量のすくないキャラが多い。それと比べれば、人形たちの力を借りているとはいえ、まさにデラックスの名にふさわしい。アリスの人形はたくさんあって困ることはないね。人形へ指示をだしている司令塔アリス・マーガトロイド。この顔は元イラストと似てないけど、似てなくて良かった。うん。描いた人には悪いけど、こちらのほうが良い。元絵の通りにしたらやばいと担当者も思ったようで、アイプリントはほぼ独自だ。そのせいか素人臭さを感じるバランスになっているが、東方は大元の原作絵からしてあれなので、正直いってなんでもありだと思う。私的にはこのアリスは十分に「アリ」だ。気に入ったのがこの角度。前髪と瞳の隠れ具合、腕の伸び方、人形の位置などが良い。髪の毛だぜ。バストはやや大きめか。サイズ自体は普通。ウエストは細い。すくなくとも造型の世界では、アリスはかなりスリムなイメージが定着しているようだ。この指輪が人形を操るのだ。魔法で。魔法の書背中だぜ。槍を持った上海人形。アリスにはもはや欠かせない。魔法弾を放つ上海人形。人形たち。赤いのは妖精の翼を持つ蓬莱人形。なお、上海にも羽根が生えていたりするので、これが正しいというデザインはとくになく、かなり適当でアバウトだ。なんでもあり。色もね。アリスのスカート。ぐにゃりと曲がる足。イラストの迫力を再現すると骨折したような形になるが、むしろデフォルメ的テクニックの一種だ。突っ込むのは野暮。これはなにをイメージしてるのかな。月は分かる。スカート形状から、あっぴろげ。なのでいきなりキャストオフ。チルノとおなじく、脱げてしまう。でもぱんつのクオリティはシンプルに過ぎたキューズQチルノの比ではない。ローライズ気味の横長なパンティ。後部は総フリル付き。マンスジっぽいものまで完備と、ほぼ完全なぱんつ。東方では珍しいほうだ。エロアリスだな。上海/蓬莱人形セット箱はこんなん。ちっちゃい。棒の長さは3種。上海人形上海は色が灰色だったり青だったり、赤だったりする。適当。メイド少女はいいものだ。不釣り合いなアンバランス巨大刀剣も良いものだ。ズロース。これロリファッションの正義。蓬莱人形は妖精仕様となっている。翼をはやした妖精さんは東方原作ゲームでもっとも数の多い雑魚キャラだろう。いい飛びっぷりだぜ。魔法だぜ。下はおなじ。

東方Project レビューリスト
2011年発売フィギュア レビューリスト