とらドラ! 1/8逢坂大河 フィギュアレビュー

発売:2007/12:マックスファクトリー 原型:徳永弘範

手乗りタイガースケール1/8だけど本人身長140cm台なんでちまっと。見上げている体勢なので今回の撮影はいつもより20度ほど斜め上から。WAVE版と違いトラ化の遊びはないが、それ以外はMAX版のが上かな。値が高いぶんいろいろ凝れるから。後ろから見て髪の毛に埋まるロリっ子は可愛い。大河の手のひらに乗っている手乗りタイガーの手乗りタイガー。一巻のイラスト1枚しかも情報が少なくなる座位からこうも細部まで立体化できる原型師って仕事は凄いね。アップ顔もWAVEより上。WAVEはしかしにやけ顔+トラ化の遊びがある。ファンなら両方とも買いで、マックスをこのまま、WAVEはトラ化して並べて飾るのもいいかも。可愛いからって近づくと殴られるぜ。拳で。頭頂貧乳をコンプレックスとする。泳ぐときは胸パットで擬装してるぜ。タイガーてのひらきらきらスカートとニーソックス。原作イラストではこのようにスカートが割合だらしなく広がってる描写が多い。いつもパンツ直座りやねんよ。気に入らぬ男子を幾人も屠ってきた足の先。いきなりキャストオフしてみた。パンチラ正面アップ大河のパンチラしたと思しき描写は原作本編で何回か見られるが、他の女性キャラも含め直接表現はない。一方番外編となると一転し、サブヒロインなどがチラチラしまくりサービスだらけ。小説の文章なので萌えるかは別として。足は細い。ヒップの皺は股間の真下まで繋がる。最後は正面アップで。

2007年発売フィギュア レビューリスト