ユニオンクリエイティブ ToLOVEる-とらぶる-ダークネス 金色の闇 ホワイトトランスVer. フィギュアレビュー

発売:2020/01 原型:赤べこ 彩色:森山奈菜

白い闇ちゃん。ホワイトトランスだぜ。ティルトシフトレンズ習熟のため、このフィギュア使いまる2日かけて色々練習した。外伝じゃない闇ちゃんだ。残念ながら塗りが元イラストおよびデコマスと違う。前髪が白すぎて調色失敗。全体はおおむね正しいのだが、顔は人形の命なので。後ろ髪はちゃんと闇ちゃんだ。塗り工程が甘く、写真では確認しづらいが全体に微細なホコリやダマをたくさん巻き込んでいる。すなわちプライズ景品か、と一瞬思うほどの管理状態だった。生産されたのが大陸の旧正月前後だから造りが甘くなったのだろうか。だが実力あるメーカーは相変わらずクオリティ維持してたので、有力な人材やラインを強いメーカーに取られて、ユニオンクリエイティブは外れを引いた、そんなところか。写真では撮影前にアラの大半をクリーニングしている。なにせ2日間も練習してたから、時間さえ掛ければ普通ていどのクオリティへ持って行ける。もっとも人件費やタスク管理のこと考えたらそんな細かい処理作業なんて工場でできるわけなく。ネットの評判も芳しくないようだね。いくら最近の平均レベルが高くなってるといっても、たまには外れもあるさ。繰り返すが写真の闇ちゃんは修行がてら、うっかりクリーニングしちゃった状態だ。現物の大半というかほぼすべてがおそらく悪いぞ。汚れとか。適当なライティング。ボケが綺麗。柔らかい雰囲気の闇ちゃん。クリーニング前は写真の10倍くらい汚れてた。バストアップ前髪パーツの白すぎるさまは重ね塗りが原因だな。本来は髪の照り、エンジェルリングだっけ? それが細い帯になってるだけなのに、太め幅に噴いたもので、全体の色が退色したように損なわれた。ここがベストアングル。ちょっと角度限定要素あり。髪だぜ。胴体など背中裏地シンプルな台座。ぱんつ白パンチラ分かりにくいけど、たぶんすじ表現あり。

To LOVEる-とらぶる- レビューリスト
2020年発売フィギュア レビューリスト