FREEing To LOVEる-とらぶる-ダークネス 1/4金色の闇バニーVer. フィギュアレビュー

発売:2017/04 原型:梓零

どスケベボディ宇宙人。原作でほどよくエロを提供してくれまくった並乳担当暗殺者。とびっきりエロいバニーになってリリース。箱は重い。重さのかなりが髪だ。梱包でも大量のプチプチで金髪の髪を保護していた。1/4にもなると長髪キャラの首パーツへ掛かる重さは尋常じゃない。フリーイングは以前、長髪1/4で破損多数の失敗(らき☆すた:田村ひより)をやっている。その教訓はその後にしっかり活かされてる。ロングヘアの首ちょんぱは新メーカーが慣れないうちによくやる不具合だ。このフィギュアでは対策しっかり大丈夫。それにしてもエロいボディだ。胸のとこに乳首突起造形してやがるし。背中のほうは髪で隠れる。堂々たるボリューム、髪の毛パーツ群。1/4スケールなのでディテールは十分だ。すごく安定してる。エロボディだぜ。原型はロリ系に強い梓零氏。ついでに彼はモロエロ造型の伝道師でもある。まずバスト部分に乳首券を発行。いくらバニースーツだろうが見えてる見えてる。へそのへこみもお約束。そして――股間部分に独特のへこみ。うむ、あるぞ。すでに見えてるが、最後のほうでお楽しみ。無表情の似合う闇ちゃん。闇なので暗い照明で直射。雰囲気出てる?ソフトに。バストアップこれは伝説になりそうなエロフィギュアだ。性的な部分をいずれも布の上よりそこはかとなくヤバい凹凸。もはやそれらにしか目がいかない。一人暮らしでないのなら、このフィギュアを飾るのは勇気がいる。うさ耳部分など。1/4スケールで耳のヒダまで造型あり。細かい造りの髪。塗りも丁寧だ。エナメル質のスーツ。乳首的突起とワキ。背中は普通。タイツは本物の繊維。ここを強く擦ると断線するぞ?胸元の隙間は男のロマン。おい! 両手でアワビを開くとは何事か。もっとやれ。胸の乳首突起がはっきり分かる構図。股間の谷も。股間に深い稜線が刻まれている。この両手の添え方、なんともドスケベ。こういうとき左右非対称はお約束。そのほうがより扇情的になる。原作はいろんな演出で間接的にエロを演出したが、まさにそれを造型で直接だ。このフィギュア完全に18禁だ。

To LOVEる-とらぶる- レビューリスト
2017年発売フィギュア レビューリスト