To LOVEる-とらぶる-ダークネス 1/6モモ・ベリア・デビルーク

2014年発売フィギュア た行タイトルフィギュア
発売:2014/01:マックスファクトリー 原型:なかやまん 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 モモの決定版だぜ。 一発で見る者を魅了する、その姿。 数あるTo LOVEるのフィギュアでも傑出の完成度。 けっこうバストがあるにも関わらず、ロリ専の私が思わず買ってしまうほど、強い魅力を発している。 まず半裸で下着姿のウェディング仕様というのが、フェチズムの塊だ。 ぱんつ丸出しなので、後ろから見ても良い眺めなり。 悪魔のしっぽもいい感じ。 肉付きのよい肢体をしている。 バストはやや大きめの解釈かな? ランジェリーと紐パンがエロい。 このモモの特徴は、とにかく「似てる」ことかな。髪の毛の形から。 斜め上だぜ。ピンク背景とよく合うな。 フィギュアはアニメに似せることが多いけど、このモモは原作風味だなと感じた。 アニメ版的なモモはすでにアルターが出してるので、両方揃えてアニメとコミック、コンプだぜ。 下唇の色っぽさが溜まらんぞこれ。 架空のキャラが実体化したら、こんな感じなんだろうな――という理想に、けっこう近いかも、このモモ。 ベストはこの角度だ。矢吹健太朗氏の絵柄が紙を抜け出して実体化した! と、ビビッとくる人もいるだろう。私がそうだった。パーツ精度も高く、塗りも良し。安心して観賞できる。 首から肩、胴体への肉付きも滑らかだ。とにかくレベルの高い作品。エロいくせに王女の気品まで感じられる。頭部 クリアパーツのケープ。 後ろ髪は3層構造になっている。髪パーツを細分化できるかどうかは、地味にトップメーカーの余裕が出てくるとこだ。 首飾りは固定されている。首の裏側は肌のPVCと一体化しており、きちんと「掛かってる」表現ができている。レベルたけえ。 胸の谷間。 光沢塗料はシルクの質感ってところだろう。 腕の形。この下腕、骨格を理解してるぜ。ブーケ 背中とか。 このしっぽはABSなので、うっかり引っかけないよう注意。 六角形の台座。紐パン おしりの谷間。 ぱんつに至るまでシルクであったか。 正面。どうやらうっすらとスージーさん的なものがありそう。 よく見れば、へその形がリアルだ。 顔から下着まで、クオリティの高いフィギュアだ。

To LOVEる-とらぶる- レビューリスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp