ToHeart2トゥーハート2 1/6小牧郁乃DVDジャケットVer. フィギュアレビュー

発売:2007/12:タキ・コーポレーション 原型:セロセヒロユキ

敗訴!勝訴!無罪!不当判決!対象年齢18歳以上とはっきり箱書きしてあった全裸貧乳フィギュア。いいんちょとセットなのだが、おっぱいおっぱいな姉は例によってスルーしている。かわりにその辺にいた同スケール(1/6)のイリヤを連れてきた。膝を沈めたポーズを加味してイリヤよりちょっと高いだけの背丈だなんて、いくのんやっぱ発育不良のチビ助。箱に入ってた状態は制服だが、商品説明や元イラストおよびアニメの服装はこちらなので、まずはワンピースから。がっかりというか、メーカーゆえに タキ━━━━('A`)━━━━ツ!? というか。突っ込みどころたくさんなフィギュアだが、版元アクアプラスの監督がしっかりしてるのか、それとも力の比重が異なるのか、発展途上の地雷メーカー、タキ・コーポレーションのToHeart物はなぜか出来がそこそこ良い。良いといっても相対的であって絶対的ではないのが哀しいところ。もし連合系がこれ出してたら非難囂々は免れないだろう。キャストオフを前提とした服は厚ぼったい。マックスのPOLOシステムのような薄い素材はまだ多くのメーカーが導入できてないので、キャストオフを実装するとなれば通常は服を着た脱いだ、どちらかの見映えを犠牲とする。タキ・コーポレーションは中味を重視して着たほうの重点が低いようだ。低いといっても造型レベルであって、制服バージョン、下着バージョンなど着替えのバリエーションを増やした遊びの備えがある。アップ歯のディテールを入れ忘れているため、口元にはどうしても違和感が。肌色に緑の成分が混じってるのは材質の問題で、小規模メーカーのフィギュアで時折見られる。本レビューのはじめに登場したイリヤもおなじ発色の欠点を抱えている。帽子は良いぞ。上腕の分割線は仕方ないだろう。普通のバストサイズに見えるが、服が厚いため。服の合わせ目。もはや語るまい。この部分に興奮する人もいるとか。パンチラコンパチパーツの制服に着替えたところ。この格好の郁乃はゲーム続編で登場予定。こうして見ると活発そうに見えるが、実際は病弱キャラ。スカートが短すぎて丸見え。微妙すぎるパンチラだな……素足制服萌えもアリか。この角度だとなんかよつばが妙な投げ技を掛けられてるみたいなー。制服でいくのんアップ。袖の奥まで見えるのはキャストオフ仕様の恩恵だろう。ちゃんと歯に見えるのかなこれ。制服全景サンダルと素足。パンチラ。おしめみたいなのでかなりどうでもいい。スカート外したところ。正面限定でぱんつの上部分が隠れていると、普通に下着に見える。うしろから見たら女相撲状態だけど。下着ブラジャーは制服、ワンピースでは付けない。下着というよりほとんど水着。ここからが本番。裸体の気になる分割は両腕の根本と左脚部に抑えられている。おしりは貧相。病弱いくのん、貧尻で十分。シチュエーション的に仕方がないが、単体だとまるで――盆踊りみたいな。おっぱい小振りながらお椀盛りの若々しい乳房。お腹などに無駄な贅肉はない。くいっと張り出してるけど――やっぱ貧乳。少年(ただし小学生)のような背中と、おしり。股間へシフト。メーカー指定で18禁扱いだがさすがにアソコの造型はない。光の加減であばらが浮き出たところ。ロリーな裸体にやたらリキ入ってた。

2007年発売フィギュア レビューリスト