とある魔術の禁書目録(インデックス) 1/8インデックス フィギュアレビュー

発売:2008/11:コトブキヤ寿屋 原型:北池衝角

いちおうヒロイン登場。歩く教会と呼ばれる、高度な魔法の防御結界が仕込まれたシスター服。主人公がその魔術を無効化させちゃったんで、バラバラになったあとの状態。分割線はそのための布石。後ろから見ると、シスターってこんなもんかなあ。情報量は少ないけれど、腕とかは萌え抑えてるよね。1/3ほど隠れた手とか。全体にテカテカしてて、シルクの雰囲気。高級だ。上半身のでっかいクリップが鍵。顔はすこし縦長。アニメでは丸顔、小説の挿絵ともすこし違う印象だ。ベストアングル。似てなくとも可愛ければ個人的にはOK。似てても泥になったりクドくなるよりははるかにまし。被り物を取ると、ちょこッとSisterのちょこに似てる気がする。タンポ印刷工程2つくらい?上から。クリップ。実際にはありえないサイズだけど、萌えはとりあえず巨大化させてキャラのちび加減を強調させる仕組み。一番明快なのはロリ向けリボンだよね。胸ないよ。背中。あからさまな分割ラインが。おてて裾に流れる。シスター服、下の方。生足だった。にゃーにゃーあみこにもちょうどいい。一気にキャストオフ。部品多いけど段階的とか面倒なんで。これが完全状態。原作・アニメではすっぱだかにされちゃったけど、コトブキヤだからここまで。これがマックスファクトリーだったら上半身裸、下半身ぱんつ。メガハウスだったらもれなく全裸へ。ランジェリーにも、ちょっとフリル付いて高級志向。それにしてもこのシャツは……ブラジャー付けるまでもない、インデックスの貧乳よ。脇腹がちょっと色剥げ。ほかの人のレビューでは剥がれてなかったので残念。もちろんリペするけどね。撮影時は時間なかったんでそのまま。ふくらみかけをきっちり切り取ったフィギュアは好きだ。横には脇腹の線が。へそは隠れてない。下穿きの赤いリボンがキュートだね。真っ白な中にこういうワンポイントは必要だ。後ろ必要以上のエロさはない。食い込みとかないぶん、いかにも自然な感じ。寄るとすこし皺が入ってる。

とある魔術の禁書目録(インデックス)シリーズ レビューリスト
2008年発売フィギュア レビューリスト