とある科学の超電磁砲(レールガン)EXフィギュア フィギュアレビュー

発売:2010/07:SEGAセガ

とあるフィギュアのプライズ2体。SEGA製凛々しき戦闘態勢。御坂美琴SEGA版の数日前に、タイトー版の美琴・黒子が出てる。ネットでのレビューや購入報告の写真を確認する限り、個人的にはSEGAに分があったようだ。サンプルの段階でSEGAのほうが良さげに見えたので、うちではSEGA版しか手配してない。バランスの良いポーズだ。アニメ風味なデザインに仕上がってると思う。この角度もいいかも。なかなかお買い得だな。顔のアップ。髪の毛など部品の精度は格安プライズだから当然甘いとして、アイプリントは思ったより凝ってるかも。色が少ないのと分割が上手く、塗りの精度はプライズ品としてはかなり良し。中学生だから胸のないビリビリ。背中さすがに爪などは作り込まれてない。いつでもレールガンをぶっ放せるぜ。足元ここは設定通り短パンだ。短パンでも華奢な体躯ではそれだけで萌えポイントだぜ。この夏、大きなお友達に宇宙ショーへようこそが受けており、小学生ヒロインのホットパンツ萌えがクローズアップされつつある。パンチラを防ぐためホットパンツにしたところなど、ビリビリと同じ。白井黒子似てる度はお姉さまよりは若干低いかも。タイトー版のほうが黒子は似てるらしい。下着はこちらのほうがずっと上だけどね。超電磁砲版の黒子でリアル頭身量産フィギュアは現状タイトーとこのSEGA黒子しかいない。黒子萌えwith黒下着大好き派なら是が非でも欲しい1体だろう。似てないかも知れないけど、ちゃんと可愛い。出来自体も悪くはない。デジタルな台座。学園都市っぽい。アップどちらかというとfate/stayなんたらとかの雰囲気かもこの顔は。顔の雰囲気が違うので、原型師がビリビリとか違ってるかもね。あたまーむねーせなかー「ジャッジメントですの」現実的にずっと見えっぱなしの暗器。きれいな足だ。待望の黒いぱんつ。プライズなりに塗りは適当だが、ヒップの食い込みが中1とは思えないレベル。見事なあそこの盛りとクロッチライン。完璧だぜ。タイトー版はただの白で、とくになにもない。ちゃんとランジェリー志向だった。

とある魔術の禁書目録(インデックス)シリーズ レビューリスト
2010年発売フィギュア レビューリスト