HOBBY STOCK ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 1/7 ユウキ 水着Ver. フィギュアレビュー

発売:2021/12 原型:藤沢明(one)/大久保一男(one) 彩色:たけうちハム(はじめの)

★5【潮騒の少女】ユウキコード・レジスタのガチャ星5レアリティ。元ネタは2015年なのに、タイトルはアリシゼーション最終章(2020)だと?アンダーワールド大戦とは1ミクロンも関係ない。いつもの版権なんとか。6年もの時間差でお金を稼ぐって難しいね。ユーザー寄りにできない大人の事情。フィギュアの完成度は背中を見ればわかるぜ。髪の躍動。黒に近い濃い系統の色で、しかもグラデ入ってると、汚れや塗りの欠点がわずかでも目立ちやすい。それがぱっと見で、見当たらないね。製品管理ちゃんとしてるか、それとも運良く当たり個体だったか。少なくとも当たり個体が生じるていどには、いいラインで生産されたユウキ。いま中国の工場は電力不足から時短と延期といろいろ大事(おおごと)で、クオリティ維持は本当に大変だろう。フィギュア専業メーカーでないホビストブランドなれど、いい感じに仕上げてくれてありがたい。ホビストで買うとウインク顔パーツつき。ノーマル版ですまんぜよ。さすがに2000円差はでかい。あと私はオリジナル優先派で、元ネタに存在しない追加要素を付加価値とは見なさない。笑顔のユウキ。バストアップ登場からフィギュア発売までの時差の関係で、アリシゼーション編後もユウキのフィギュア多い。マザーズ・ロザリオ編のインパクトはそれだけ大きかったのか。ユウキのフィギュアはさすがにアスナには及ばないが、企画数でアリスを上回る。胴体など背中谷間ひかえめ。おしり前側。すじあり。おしりの肉付き。ヒップに張り付き。見えづらいけどすじ一本。

ソードアート・オンラインシリーズ レビューリスト
2021年発売フィギュア レビューリスト

© 2005~ Asahiwa.jp