アルター 劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 1/7シノン

2018年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
発売:2018/10 原型:田中冬志 彩色:渡邊恭大 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 クールな田中冬志造形シノンちゃん。 アルターのSAOフィギュアはどれも凄い完成度だぜ。 といっても4年でまた2体目だけどね。 アルターのSAOフィギュア展開はこのシノンの翌月にアスナが控えてるが、その前のスグは4年前の2014年だった。 アルターが出せば高確率でそのキャラの決定版となるが、SAOへの浸透は今後だろうね。 なにせアリシゼーション編はまる1年の放送予定だ。ニッチなラノベ原作で深夜放送で1年枠。なにげに凄い。 ただでさえフィギュア化されやすい深夜アニメで、1年。これは企画が乱立しそうだ。 アルターも期待できそう。たぶんアリスとか。 背中を見ると完成度が分かる。なかなかの情報量だな。 壊れやすいパーツたくさん使ってるので注意だぜ。 それと同時に横にけっこう張り出してるし、飾るとするならケース内で決まりだな。ホコリ溜まると掃除面倒だぞこういうフィギュアは。 箱書きにあるオーディナル・スケール、シノンのこの装備での出演はラストシーン一瞬だけ。 GGOのシノンはクールビューティー。ALOは猫耳でちょっと可愛さが目立ってるが、殺伐とするGGOならシノン本来の魅力が伝わる。 露出の多い装備だが未来って設定だし、ゲームだし。 めっちゃ暗くして。 なんか決めポーズ。 どの角度でもキマッてらぁ。バストアップ 造形優先で余計なギミックなどはない。これだけで完結だ。 魅せるを最優先するアルターの職人芸に拍手。 動きをぴしっと切り取ったシノン。胴体 横。マフラーが迫力ある。 ヘカートIIとマフラー。後ろ 台座は単純にソードアート・オンライン。 エロはホットパンツ。 アニメ劇中でもシノンの股間を男性プレイヤーが凝視してた。 ゲーム世界ならSAOでもGGOでもALOでも大胆になるね。まあリアルだと中身はたいてい男だそうだが。ゲーマーの男女比はSAOでは9:1な感じだが、現実はもっと偏っていて、とくにFPSにもなれば99:1くらいらしい。

ソードアート・オンラインシリーズ レビューリスト