涼宮ハルヒの激動Wii超DXパック フロイラインリボルテック涼宮ハルヒ制服Ver. 地球33番地編&涼宮ハルヒの胸像コレクション超司令Ver.&あかんべVer.&ポニーテールVer.&超監督Ver.

2008年 2009年 さ行タイトルフィギュア
発売:2008/10,11,12,2009/01:角川書店/海洋堂 原型:榎木ともひで 素材:PVC/ABS/PP/POM/ナイロン 分類:アクションフィギュア/特典フィギュア/付録フィギュア

 ゲーム特典のフロイラインリボルテック涼宮ハルヒと、連動企画の角川各誌付録・胸像コレクション×4。合わせて全5種。地球33番地「高知県高知市に、ほとんど誰も近寄らない寂れたスポットがあるのよ」「東経133度33分33秒、北緯33度33分33秒――地球33番地。日本標準時の明石と比べたら、知名度は数千分の1くらいかしら」「いちおう近くには33番地にちなんだものがあるわ」「これが33番地ね。わざわざ川の中に作るなんて、律儀よね」「3だらけの地点を征服したわ」「そんな私は制服を着てるの。オヤジギャグね」「寝てみたけど、別になんのパワーも得られなかったわ」「いろいろ整備してるくせに、駐車場すらなかったわここ」涼宮ハルヒの激動フロイラインリボルテック涼宮ハルヒゲームパッケージ こんなゲーム。2時間で飽きた。 ハルヒダンスで一周。 プロポーションはバランスいいかも。figmaハルヒは首がちょっとね。長いよね。 支柱で固定すると足が台座に届かないのはいつものこと。だからといって支柱切るのも何だし。アップ 顔はfigmaハルヒより好みかも。替えフェイスも4種類あるし。 いろいろ抱き合わせでやたら金かかるのはアレだけどね。特典フィギュアとしては純粋にレベル高い。リボン バストはノーマルサイズ。セーラー 団長の腕章。スカート figmaとおなじ軟質素材で、激しく動いても大丈夫だ。 モモが二重構造になっている。 外側の見栄えそのままで、内側の柱を回転できる。アイマスでは採用されていない。 おかげで、違和感なくこんな動きも可能だ。台座 フロイラインリボルテックの欠点は肩の可動。 真横に伸ばしたかったら一度前に突き出し――肩を押さえて力を加えて…… ほい曲がった。スクーターじゃないけど、二段階右折の気分。付属の説明書きには、こういうときは根本から腕を外して、曲げて取り付けたほうが、間接の破損を防止できるみたいに書いてあった。いやそれじゃあ手間かかりすぎてダメだから。 figmaだとほら。 一発でOK。屋外撮影でfigmaばっか使ってるのはこんななにげないのが影響している。足よりどうしても腕のほうを動かすわけで。 だけどfigmaにも欠点はあって。 リボフロのハルヒとおなじことさせようとしたら、うわ腰が複雑骨折状態。 これ自然にできるの、新機能を実装させたハルヒだけではない。単純にモモを上下に分けてるだけだが、アイマスにも可能だ。見た目的には分割が見えないハルヒのがずっといいけど。つまりは一長一短。 胸像シリーズとの合わせ。いろいろ。 あっかんべー。 夏服モードはパーツの保持力がちょっと弱め。 下はアイマスとほぼ同じで特徴はないけど、食い込みだけはいっちょまえで、エロさはfigmaの比ではない。涼宮ハルヒの胸像ニュータイプ2009年1月号 雑誌に合わせてか、箱が縦長。超司令Ver. ごめん、こっちが正解。 この落差は――そう、わずか3週間で日本最高値から日本最安値に激変した、高知県高知市中心部のガソリン価格のごとく。 胸像コレクションの最後を飾るだけあって、もっともハルヒらしい像となった。 びしっと。「ふふん♪」 デフォルメ化された指。通常の2〜3倍の大きさ。 爪にグラデ入ってるのはじめて見た。SOS団腕章 共通の台座。スーパーねこマン 今回のすげ替えはまずほかのハルヒと。キョン…… なんか不気味だ……。 おしまい!少年エース2009年1月号
 セーラー服と大型サブマシンガン。 今回も雑誌表紙にはフィギュアと対応したイラストが。あっかんべー 表情と小道具以外は超監督とたいして変わらない。 お、この角度は良さそうだ。 あんまりあっかんべーぽくないかも。 当たり前だが手は細かく動く。 持ち替えてお茶。「苦いわね」台座なんちゃって みずてっぽうでおわりだ。 舌出しだと似合うぜ水鉄砲。コンプティーク2008年12月号ポニーテールVer. 雑誌表紙で泉こなたがコスプレしてくれたポニーテール萌え。 ハルヒのポニテ模型は珍しい。横断企画様々だ。 後ろ。ハルヒの髪はさほど長くないのでテールは首上。 無表情のハルヒ。アップ 今回のおまけは団長の三角錐。会議などで社長とか議長とか書かれてるやつ。 可動部は首、手。あとポニーテールの付け根。ポニーテール携帯 台座の文字はコレクション共通のようだ。 フロイラインリボルテックのアイテムなら基本的に装備可能。ねこねこ。監督フェイス 女子高生になってもよつばは虫取り。ザ・スニーカー2008年12月号超監督Ver. 10月末日、激動の第一弾はいきなり超監督より狼煙を上げた。 リボルテックを胸像にしたものなので、単体で見ればなんじゃこりゃ感があるが仕様。 各パーツはフロイラインリボルテックと互換性があるという話だ。 監督のメガホンを前に突き出し、ハルヒの性格を表現。 胸像の顔はみんな違うみたいだ。これは演出によってはウインクにも出来るね。表情パーツは取り外し可能なので、すげ替えできるみたい。腕章「超監督」 手首にリボ球が。隠れて見えないけど首にもある。 台座にはお約束の「HARUHI-ISM」 もうひとつ、裸のメガホンが付いている。 せっかくなのでよつばもかんとくになってみたぞ。 リボルテック共通なんでフロリボでお気軽すげ替え。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp