灼眼のシャナIII-Final- 1/8シャナ -水着Ver.-

2012年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
発売:2012/09:グリフォンエンタープライズ 原型:i-con 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 ロリシャナは今日も絶好調。 ん? グリフォンの箱が、WAVEみたいにちっこいぞ? あの無駄に大きかった共通台座にミニサイズが!? 私はべつにグリフォンエンタープライズのフィギュアをみんな買ってるわけではないので、この仕様変更がいつからかは知らないが、ようやくあるべき合理化をしてくれたってことか。 それで今回のシャナは、なんとi-con原型でもある。 グリフォンの東方フィギュアクオリティを向上させているロリの伝道師が手がけたロリロリスレンダー。買わずにはおられまい。 造型を見るには背中を見よ。顔の見えない背中は、より客観的に造型レベルの善し悪しを判定できる。 メリハリきちんとしていて、悪くない出来だ。 個人的にはプライベートなシーンのシャナはできるかぎり黒髪バージョンで出して欲しかったのだが、この辺りはマーケティングがなんとやらかな。 キャストオフ? 状態。これはランジェリー下着じゃなく、水着らしいが―― まあ普通にぱんつ丸出しの着替え中な少女にしか見えんわな。 お着替え中と脳内変換が完了し、このシャナを観賞すると、きっと幸せになれるよ、というお話。 顔は可愛い。i-con氏の顔造型バランスはアニメ絵的なロリキャラとの相性がかなり良い。 似てる似てないでいえば、似てると思う。アイプリントはアニメ(F版)のものだ。 炎髪のときはほとんど戦闘モードの顔なので、こういう無表情は新鮮味もあるかな? かも? あとはちまちま細部だぜ。クリアパーツ 胸もクリアだ。紐で誤解しがちかもしれないが、アラストールは固定されている。 いいワキと引き締まった体。 パーカー脱ぎギミックに伴う上腕の分割部は、腕輪飾りのディテールでうまく誤魔化している。肌の露出が多いフィギュアはどうしても気になってくるので、こういう配慮があると評価はかなり高くなる。 で、パーカーっぽいもの。これでかろうじて水着かもって分かる。 パーカー脱げばあら不思議、あっというまにランジェリー。 きれいな女の子開きの足だ。男の妄想が詰まってる角度と開き方。 いつものネームプレート。文字が確認しづらかったので、コントラストを強烈に補正しており、実際はこれほどホコリなどが目立つことはない。 あとはエロパートだが……胸のほうは割愛だ。いきなり下。 さすが水着だけあってそれほどドキっとする要素はないのだが―― 前側が地味なとき、なぜか後ろのほうで頑張ってることが多い。なかなかの形だ。 あとはよりアンダーでどアップを。 股下は完璧に布を挟み込んでいやがるぜ。さすが貧相とはいえ、鍛えられたシャナの肉尻。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp