咲-Saki- 1/8片岡優希

2010年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
発売:2010/06:アルターALTER 原型:明田川昇 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

タコスだじぇ! 咲-Saki-よりタコス麻雀ロリ女子高生。 原型の明田川昇氏はロリとおっぱい姉ちゃん、極端な両属性を得意としている印象がある。今回の片岡優希もなかなか魂の籠もったつるぺた作品だ。 さすがアルター製、いきなりこれ以上のものはないってレベルの優希が来た。 うしろは――鉄壁完璧防御のはいてない状態も、フィギュアではあっさり白きパンチラ。 おおっ、この角度なら咲の「はいてない」っぽい。おしりのラインだけ見えてるのに、白いのが見えない。 よつばを掴んでる左手には、本来はタコスだじぇ。 そういやタコスは絶対領域だな。足の肌色が少なくて、これぞ絶対領域って見本。 顔は横に長い。ロリだから。 タイ帯の揺れ方や服のひだ、髪の傾きなどがきちんと統一されている。こういうのは一瞬の「動」を切り取るフィギュアとしては大事な演出だろう。 タコス手を外し、デフォルトの手パーツにしたところ。上だじぇ下だじぇアップだじぇ 髪の毛の部品精度や仕上がりは、メーカーの管理がどれだけ行き渡ってるかの指標となるだろう。見ての通りアルターはほとんど隙がなく、安心して見ていられる。最近では人件費高騰の影響によって以前やってた完成度を高める工程を省略するようになったメーカーもあるみたいで、たとえばコトブキヤ製ですら髪の毛のパーティングラインがときにプライズフィギュアレベルにまで落ちることもある。 フィギュアの命はなんだかんだいって顔だから、瞳や頬の手抜きだけは中堅メーカーでもほとんど見られない。むしろグラデまで再現できるタンボ印刷の技術力は年々向上してるみたいだ。髪だじぇ髪だじぇ胸がぺったんだじぇセーラーだじぇ背中だじぇTACOSだじぇ タコス力で全国大会を制覇するじぇ! 普通の手。細部までしっかり。 特徴的な超短いスカート。プリーツだじぇザ・はいてない絶対領域だじぇパンチラだじぇ靴だじぇ台座だじぇ 白いパンチラだじぇ。 アンスコでだいぶ隠れてるじぇ。 ……ん? なんかすじっぽいものが? さすが原作アニメで鉄壁を誇ったスカート、フィギュアでもパンチラレベル止まりで、パンモロまでにはいかない。 前はこれが限界。写真には撮れないけど、アンスコの内側はかなりのローレグで股上の布はわずかだった。 さて、核心に来たね。しっかりすーじちゃんを造型してきたよ。 最後はよく分かる一枚だじぇ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp