ローゼンメイデンRozenMaiden 1/3雪華綺晶 フィギュアレビュー

発売:2014/09:グリフォンエンタープライズ 原型:i-con

ローゼンメイデン第7ドール……だったっけ。例によってアニメ見れてない。単行本は持ってるが髪の色とか外見細かいところ違うよね。せめて撮影は頑張ってみた。グリフォンのフィギュアだけどこの顔は良いね。i-con氏補正で良好に。購入基準が厳しくなってグリフォンのフィギュアは購入率が下がってしまったが、i-con&ローゼンメイデンは買わざるをえない。雛苺につづけてこの子。ゴシックロリータのコンセプトそのままにヴィネット風味の台座できれいに立体化してきた。この撮影では使用してないが、重い髪パーツは金属製の棒で支える仕様となっている。髪のパーツ精度はいつものグリフォンだった。その辺りはメジャーメーカーでないことを意識して買わないといけない。離れて見れば普通に可愛い。ほかに代替フィギュアがないから値段は目を瞑ろう。この手のキャラはねんどろいどみたいなデフォルメ系で立体化されることが多いが、私はあくまでもスケールやリアル頭身を支持する。だからマイナーメーカーであろうが色々買っている。作品性のあるフィギュアに出来上がってる。斜め上より。色気があるぜ。角度によって印象が変わる。i-con氏の表現力はすっかり一線級だな。三面i-con氏の可愛らしい造形だ。人形は顔が命だというけど、いいね。花そのほか。服はクリアパーツだ。背中ゴスロリのミニスカートはエロい。台座の辺り。エロ要素はないよ。さあ、つぎは真紅だな。

2014年発売フィギュア レビューリスト