Panty&Stocking with Garterbelt ツインパック+ パンティ&ストッキングwithヘブンコイン エンジェルVer. フィギュアレビュー

発売:2012/03:ファット・カンパニー 原型:菊池俊春

はいてない。ブリスターは無難な日本型になった。シリーズ初期の米国仕様は開封すると綺麗に元に戻せなくなるので、不評だったようだ。これできれいに再収納できるね。でもやはり基本はあくまでもアメリカナイズだぜ。最初このアニメ見たとき、日米合同企画かと思ったほどだし。いいな。これがじつは本命かも。パンティ一周くるくるサノバビッチ。かっこいいぜ。だけどソロより2人並べたほうがいいな。揃ってこそのパンティ&ストッキング。ガーターベルトはどうでもいいや。アップ。再現度高いぜ。安いし。髪の間より天使の翼が覗いている。いちおう萌え要素っぽいものをちりばめたデザインだが、性格はすごいよなパンティ。パンティのショーツが変身する銃。この状態の時、パンティの股間はすっぽんぽん露出狂。翼は根本までちゃんと造型されていた。背中より直に生えてるぜ。太い足だ。おかげで安定度は高いかも。はいてない。さすがにそれではまずいようで、近年よくある黄色い帯だ。検閲済(CENSORED)と書いてある。DVDやブルーレイになったら解禁されて消える――わけねえよな、モロエロだし。いくらデフォルメ入った絵柄でも。ストッキング長髪ゴスロリ少女は剣士だぜ。後ろは髪で覆われ。勇ましい姿よ。こちらも2人でいるほうがしっくりくる。2人セットで売るのは正解だな。どちらが欠けても違和感あるだろう。目元の影演出はアニメ通りだ。日本人形みたいな髪型が、カートゥンアニメ調なイメージの作品に出てくるのは変かなと思うかもしれない。でもここ10年かそこらで日本のポップカルチャーがずいぶん欧米に広がっていて、大和撫子なキャラの記号として、さらにゴスロリに似合う長髪としても知られている。さすがのゴスロリ少女も変身中はその姿にはならない。ストッキングが変化する刀。切れ味抜群。いつも穿いてるストッキングも、このフィギュアでは剣になってるからないね。パンティで写し忘れてたので、台座を。いびつな勢いのあるハート型だ。……なぜかぱんつがパンティとおなじはいてない状態で、黄色い検閲済み帯。アニメでそういえばそんなエピソードがあったような、なかったような。芸が細かいというか、残念というか。これ下着というより、まわしだな。はっけよいのこった。おまけのヘブンコイン。とくに飾るための仕掛けなどはない。

2012年発売フィギュア レビューリスト