週間わたしのおにいちゃん プレビュー&1〜5号&特別増刊号 フィギュアレビュー

2003年 2004年 あ行タイトルフィギュア
発売:2003/12,2004/01,02,07:メディアワークス/海洋堂 原型:大嶋優木

リカヴィネの成功により、良い意味で調子に乗った海洋堂が仕掛けたロリヴィネットシリーズ。企画自体はリカヴィネ前からあったようだ。通称わたおに。プレビュー、本号5種、増刊号、全7種。2003年12月電撃萌王8号付録の夢野澄香わたおにのプレビューフィギュアという位置付け。エロリエロリ。小物とかランドセルやぬいぐるみは基本として、ぱんつが眩しい。日本人のくせに室内で靴を履いてるとは、ブルジョア!胸なんてない。まったくない。ちょっ!!!!2004年1〜2月発売わたおに本番その1は尾道観音わたおに中もっとも縦に高い。ヴィネットとして背景の凝り方はぶっちゃけありえないほどに凄いのがわたおに。絵師本人が原型で監修なもんだから、似てる度100%。椅子別部品で白上着におこさまドラゴンクエストIII。そして伝説へ……2号の桜木下朝日1号と違いエロさは抑えてあるが……ちゃんと水に濡れてるような表現。プールサイドも水濡れ表現が細かい。ちゃんと水面があるように見えるから不思議。台座しり3号の青村崎春雨一番ヤバいフィギュア。狙ったようなぶっかけ表現。これはシチューなんだ……これはシチューなんだ。ボクの心は薄汚れてる!!これはシチューなんだ……シチュー……妖しい分割線。気が向けば接着を剥がしてキャストオフさせるかも。4号の宇治金時園芽おもらし注意報!最近おもらしを擬装するょぅι゙ょが出没しています。地域住民の方々は水入りバケツを持ったょぅι゙ょにご注意ください。バケツを外すといきなり危なさ2倍2倍。今回も脱衣可能。5号のエルロン・エゾモモンガエゾモモンガ……なんちゅー名前w 他の子も多くが変な名前ばかり。飲み干そうとしているドリンク。ちゃんと残り少ない演出。芸が細かい。これまた危ないシチュエーション。指でもしゃぶらせてみる。これはしゃぶりというよりはむしろ――真剣白羽取り!ぶるま2004年7月発売な特別増刊号の世多桜てとらねこねこらんどせるミルク顔てとらの正体を示す台座。ほとんど羞恥プレイだな……拘束系?

オリジナル レビューリスト