コナミフィギュアコレクション メカ娘 フィギュアレビュー

発売:2005/03:コナミ

島田フミカネ氏による第2次世界大戦メカ×少女のコラボレーション。 ノーマル5種、カラーバリエーション3種、全8種。 ソビエト空軍試作機械化航空歩兵P-60 ミグの元。 ネコミミ〜 本体 下着黒いよ。脚部は生足のように見えるが、歩行脚という名の、あくまで部品らしい。飛行時は機械の脚に換装される。 ローレグ 帝国海軍試作機械化局地航空兵 震電 元ネタは爆撃機を迎撃するための高々度攻撃機だったっけ。 軍刀 ローレグ んー、ちょっと分割が。 アナザーカラー 震電改 プロペラ機から噴式機(ジェット機)になっている。 フランス空軍高等訓練機Ms-462 眼鏡は取り外し可能。 本体 やはりローレグ。 カラーバリエーション メイド服バージョン しつこくローレグ攻勢。 イギリス陸軍機械化装甲歩兵バレンタイン 腕章が示すように、歩兵部隊随行の援護兵らしい。 目が死んでる 前衛任務ではないため、主砲も小型。 足回りは細かい。 たぶんこの子もローレグ? ドイツ陸軍3号突撃装甲歩兵G型 大戦末期に生産された最終形態とのこと。最前線でバリバリ戦うタイプのため、バレンタインと比べ主砲の口径も砲身も巨大。航空歩兵にもこのような長い銃身を持つ機体はいるがあくまで銃。こちらは砲なので威力は桁外れ。 眼鏡の下は可愛い。 これの直撃を人間が受けたら原型留めないな。 脚部のこだわりはバレンタイン以上か。防御の塊。 アナザーカラー 3色迷彩 こちらのほうが絵になる。

2005年発売フィギュア レビューリスト

© 2005~ Asahiwa.jp