FOTS JAPAN かぷりちお 1/5緒稚りぷか

2018年発売フィギュア あ行タイトルフィギュア
発売:2018/10 原型:liruliru 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 かぷりちお氏JSフィギュア第2弾。 悪名高き3Dプリンター出力からPVC&ABSへ素材変更。やれば普通。 かぷりちお氏はロリ系でとっても可愛いイラストを描く。 きぃら〜☆氏と似てる絵柄だが、所属してるデザイン会社がおなじらしい。 かぷりちお氏JC第1弾オーバーオールJSは未購入。 FOTS JAPANはこれまで3Dプリンター出力をそのまま商品化してきたが、破損率が高いうえ積層構造が剥き出しなので、Amazonなどでの評価は散々だ。うちでも初弾の美柑しか買ってない。 評判の悪さから危機感を覚えたのか、ついにブランドのコンセプトを違えてまでこの製品でPVC化に踏み切った。FOTS JAPANはプルクラないしびーふるの子会社ないしブランドのひとつ。 PVCになれば品質レベルはプルクラ(のPVC製品群)だ。並。 プルクラ名義でもレジン製品は注意。安心できるのはPVCだけ。 現在びーふるは3Dプリンター出力の改善と新素材?の開発をアピールしているが、個人的には疑問だ。 億円単位の巨大機械で瞬時に高圧高熱出力されるPVC・ABSと、数百万円の機械でゆっくり常圧出力されるビニール素材。パワーが違いすぎて多少の企業努力で超克できる差じゃない。 それはともかくPVCのこの子は普通にかわいいぜ。品質は並だが。 写真ではキレイに見えるがアップになれば印象も変わるよ。 下から。 なんとなく印象的に薄く淡く。モノクロ バストアップ。このフィギュアは予約していなかった。PVCになったと知っても様子見してた。購入者の写真を見てようやく後出しで注文した。 毎年コンスタントに100万円以上フィギュアを買い漁ってる私がそこまで待たないと手を出せないくらいに、FOTS JAPANはブランドとしての信用を失ってる。あみあみでも当初と比べて悲しいほどいいねが激減してる。 見ての通り完成度は一定水準に達してる。決して良品とまではいえないが、ロリで並以上なら買うべし。ネコミミでエロだし、個人的にファンでもあるきぃら〜☆氏に似てるし、アイプリントも細かい。 このレビュー読んだらメーカーの人たぶん怒るだろうけど、知らん。自業自得だ。PVCで出しさえすれば及第点くらいにはあっという間に達するのに。自腹購入だから好き勝手書く。 髪。猫耳の部分がパーツ精度に難ありで大きな隙間あり。あと相当に力を込めたようで、ネコミミ背面に広く白化(瞬間接着剤)の指紋付いてるぞ。PVC成型の可塑剤をケチるから組み立てでこんなことになる。企業体質が出てる。 細部の目をつむればぱっと見の印象は悪くない。プライズ景品より表面処理などは上等だ。またプライズに多いチープ地肌でもなく、普通。背中 足としっぽと台座。 エロパートはやはり中身だよね。しっかりここは造形されてる。 JSのふくらみを見よ。 JSのおしりを見よ。 JSの秘所はさすがにオミットされた。エロリ系としてはまあまあ普通に買ってもいいんじゃないかな。私は買う。文句を言いつつも買う。でも素材がPVCだったとき限定だ。レジン系は無理。

オリジナル レビューリスト