FOTS JAPAN かぷりちお 1/5眞白いこね

2019年発売フィギュア あ行タイトルフィギュア
発売:2018/10 原型:びーふる(PMG)

 PVC/ABSになったぜ。 かぷりちお氏JS/JCフィギュア第?弾。 いろいろシリーズで出してるようだが―― 成年男子オタクホイホイな、美麗なる元イラスト。 壊れやすく不評な積層なんとかじゃなく、通常素材のPVC&ABSに変更されたので購入。 かぷりちおシリーズはエロリまみれだが、PVCでない限り個人的に用はない。 すばらしき眺めである。 原型(のCG)で変態紳士たちを期待させたエロエロなおしりと手つき。 頭おおきく頭身低くてロリコンにちょうどいい女子中学生フィギュア。 うしろだけでなく前も見えるぜ白いの。 顔にはやや角度限定要素あり。 だいたい目線の周辺がかわいい感じ。 細かいディテールはエロ系フィギュア群の普通レベル。 エロ系はシチュと雰囲気で売る。 特徴ある絵柄のイラストレーターとタイアップして、ライティングちょっと変えるとなんか雰囲気あるように見える、かも。 あ、元イラストっぽいかも。適当。レビューサイトという性格上、照明変化にはあまり時間をかけない。真に美しい表現は、あまり撮影点数の多くない代わりに照明へ凝れるタイプの撮影者に任せる。バストアップ うちのようなサイトは写真が下手なかわりに数で勝負するタイプだ。発色さえ正確さを確保できれば、あとは適当。 時々書くが、実際にこのレビューのような色をこの製品実物が見せてくれるのは、太陽光下か、太陽光に近い高演色照明だけ。通常の安価な屋内灯では、こんなふうには見えない。 髪とか。 パーツ精度は元CGと比べたら劣化もいいところだが、実際にこんなにどアップで見ることはあまりない。そこそこ良ければいいだろう。 実際、パーツのダルさを除けば造形そのものの動きや塗りの質感はいい感じだぜ、幼くせに色艶があって。 幼いながらに媚びる足。 いきなりキャストオフ。 スカートありのほうがエロく感じるものもあり。 このシワの質感、すばらしき。すじあり。 スカートの間よりしわしわですじ。 やっぱこのシリーズはPVC&ABSなら十分に満足できる出来だ。パーツはダルいが塗りは良い。

オリジナル レビューリスト