ダイキ工業 黒田潤(ナン職人)オリジナルイラスト チェリオ

2018年発売フィギュア あ行タイトルフィギュア
発売:2018/07 原型:ラジオウェーブ・パラドックス 彩色:シイタケ輪太郎 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

「わたしの初めてを……」黒髪ロリ ダイキ工業のフィギュアを購入するのは2009年以来9年ぶりだ。黒田潤(ナン職人)オリジナルイラスト  以前は普通のフィギュアメーカーだった気がするが、いつのまにかエロ系へシフト。 それも巨乳を超えた超乳とか、ネタフィギュアとか、ロリ専の私とはなかなか縁がなかった。 それが突然の奇縁。イラストレーターを起用するシリーズで、きわめて珍しくロリが登場。 これもなにかのアレだろうと思い、予約してみた。 調べるとこのチェリオまで6年間、ダイキ工業はロリ系を出してなかった。6年ぶりのロリ。 そして2019年はじめにもロリが予定されてる。ただしダイキお得意?のちょっと奇形入ってるんで控えてるが。 というわけで、私が好む普通のロリだ。 ナン職人氏は黒田潤氏ともいうらしい。知らんけど。 フィギュアの完成度はけっこう立派だぜ。2012年頃と比べてめっちゃレベルあがってる。 エロ系フィギュアはクオリティに問題あるメーカーが多かったが、ネイティブやスカイチューブといったハイクオリティ指向メーカーが幾つか参戦してヒットを連発したもんだから、既存メーカー群も頑張っていまや全体的な底上げがなされてる模様。 エロ系統はロリ率が低いので私の購入率もむろん低い。ロリだからといって無条件に買うわけでもないし。 このチェリオは満足いくロリ系だった。 やっぱ小学生体形より中高生+貧乳だぜ。 ツーテールの髪結いは幼さの象徴。バストアップ 丸い顔。 この辺がベストアングルかな。 頭と冠のカチューシャ。ツインテイル上半身背中台座 いきなりキャストオフ。 エロフィギュアとは、脱ぐものだ。たぶん。 あばら骨が浮き出てる。 ほど良い小粒な乳。 ダイキ工業の貧乳は珍しいが、だからといって苦手なわけではなさそう。いい形だよ。トップレス はいてないように見えるおしり。 なんか下もズレた。やべえぜ。 すじ一本。

オリジナル レビューリスト