1/1Banana is a snack? 縞パンVer.&ノーマルVer. フィギュアレビュー

2005年 2006年 あ行タイトルフィギュア
発売:2005/06,2006/09:ソリッドシアター/ガンドール 原型:梓零

秋葉原の同人誌専門店「ホワイトキャンパス」のキャンペーン用に笛(つづく)氏が描いた妖精のイラストが元で、2004年にガンドールが立体化し、2005年ソリッドシアターが商品化した。同年6月に数種発売され、2006年9月にノーマルVer.(一般流通バージョン)の再販と、新種として縞パンVer.がリリースされた。元のイラスト。萌え。手前が縞パンVer.、奥は2005年6月の通常バージョン。縞パン万歳サイズはノンスケールということになっているが、バナナがあるので1/1だと分かる。妖精だし。それにしても……すっげぇヤバいシチュエーション。BananaはDankonの象徴デース。ていうかパンツ丸出し?アップ元祖縞パンVer.購入に写真を大きいものに置換すべく再撮影したが、1年以上経過しても羽根や髪のへたれはほとんどまったくなく、褪色も一切ない。ソリッドシアターのフィギュアは高めだが、素材選択に関しては信用できるようだ。胸はない。ぺったんこ。しましまも好きだが純白も良い。ブーツここからお約束……って、すでに十分下着を堪能しまくってるんで、変則アングルや拡大が中心。アップ!純白は白なりにエロエロなり。煽り開始

オリジナル レビューリスト