俺の妹がこんなに可愛いわけがないEXフィギュア OPテーマ曲ironyジャケットVer. フィギュアレビュー

発売:2011/11:SEGAセガ

Clarisのコンサートかい?黒猫歌手デビュー?コスプレだね、俺妹。プライズはいつでも自由度が高いなあ。SEGAプライズのEXシリーズはおもにエヴァだけど、いつもいろいろやってくれるよね。仕上がりもきちんとしてるようだし、萌え萌え。高坂桐乃スカートはクリア素材で透明感を演出。かわいい服だね。普段のイメージと異なるコスプレみたいなもんだから、新鮮でもある。あと、アニメに関連してるのは間違いないので、エクストラフィギュアというよりは、番外編ってイメージだろう。台座のおおきさとフィギュアのサイズはぴったりだ。顔は似てるかどうかはやや不利かな。かわいらしさではプライズでは普通よりやや上だろう。お金がないなら買って良し。フィギュアを集めてるなら求めても良し。髪の毛にグラデなど、塗りの基本は押さえてる。あちこちゴミが浮いてるように見えるが、塗料の飛び散り。レビューのポリシーとしてホコリは掃除するが、塗料の汚れは残すことがほとんどなので、撮影時の手抜きではない。白系または黒系など、コントラストの強弱どちら側でも、汚れの類は目立ってしまう。このフィギュアは桐乃が白、黒猫が黒で、その意味ではちょっと不利かもね。背中は露出おおきめ。肌の造型は素っ気ないかな。スカートだぜ。やはり汚れがあちこちに。徹底してコストを下げるプライズフィギュアの宿業だ。下着は白い。このフリルは――見せパンのようだな。でもその割に前側のカラーリボンは、普通の下着のようにも見える。テニス用アンダーかなこれ。だがぱんつ状のものはフィギュアじゃなんでも萌え対象となる。黒猫黒猫の動きは桐乃と対照的に、静だ。黒髪美人黒猫の黒猫たるゴスロリパーツは、頭頂にちょびっと残ってる。この帽子、固定してるのかねやっぱ。普通に歌ったら数秒で落ちそう。クローズアップにするとさすがに塗りのアラが目立つが、実物のサイズは写真の数分の一だから、肉眼視ではさほど気にならないと思う。全身一周の写真ですら標準的なモニターでは実物より大きい。なんかすこしオドオドしてるというか、人前に出慣れてない素人って雰囲気が初々しいね。桐乃との対比が明瞭で、演出が際だってる。その意味ではこのフィギュアは桐乃と黒猫、2体両方のペアで入手して、飾ったほうがいいだろう。1体ではおもしろみに欠けると思う。髪の毛の塗りは――なにもいうまい。さすがに肉眼視でも分かるし。ワキ萌え。あとは桐乃とほぼおなじだ。ぱんつもね。お尻の食い込みはより上だね。桐乃よりエロいぜ。

オリジナル レビューリスト
2011年発売フィギュア レビューリスト