俺の妹がこんなに可愛いわけがない figma黒猫“聖天使神猫”Ver. 電撃屋限定 フィギュアレビュー

発売:2012/02:マックスファクトリー 原型:浅井真紀

神猫さまだ!figma俺妹も別バージョン展開に入った。じゃーん。飾り映えしそうな姿だ。この得意げな表情がなんともいい感じなのだ。うしろはいつもより増量した翼とかリボンとか。かわいい後輩とこのコスチュームでデート。うらやましいのう。figmaはアクションフィギュアのはずなんだが、スケールフィギュア的な視線でいつも見てしまう。それだけ造形と可動が合わさったひとつの理想かも。アップも間接部のアラはほとんど気にならない。figmaはスケール換算でおおよそ1/10〜1/12だから、もう慣れてしまったとはいえ、この顔のクオリティをずっと維持してきているのは、かなり凄いことだよな。神猫さまだ!仮面の聖天使。こんなにかわいいなら怪しくてもホイホイ信者になってしまいそうだ。この顔はいろいろ使い勝手がありそう。デレフェイス、または恥ずかしい顔。細部の塗りが甘いのはサイズを考えれば目をつむれる。グラデーションぜよ。胸だぜ。ちっちゃい。バストパーツは2種。片方はちょっとボリュームアップ。黒猫も女の子だからね。手だよ。設定上この神猫はほとんど素立ちとなるから、飾る上で腕の動きは重要だ。同人誌の裏側はホラー!デートらしい小物だぜ。背中支柱の穴は使わないとき花飾りを填められる。スカート部は花びらを意識したデザインかな。ポーズ集みたいなもの。動くのはほとんど手のみで立ちっぱなしだけど、手抜きじゃない。下半身の動きにおおきな制約がある。ちょっと脱いで楽になった神猫。この状態なら下半身もそれなりに激しく動かせる。下はズロース。黒猫らしい。

2012年発売フィギュア レビューリスト