俺の妹がこんなに可愛いわけがない figma高坂桐乃 フィギュアレビュー

発売:2011/05:マックスファクトリー 原型:浅井真紀

figmaも俺妹に進出だ。スクール系作品の箱はにぎやかだ。一周は原作アニメ初期の決めポーズで。兄に心を許すまでの桐乃だ。美人が怒ったような顔してると近寄りがたい。後ろは普通。figmaですっかり慣れてしまったけど、アクション物でネジなどが見えず、間接も目立たず、スケールフィギュアのように普通に見えてしまうって、そういえば革命的だったね。その後各社がこの手のビジュアル優先可動で参加したけど、成功してるのはfigmaのみだ。figmaはいろんな頭身パターンが登場している。桐乃はノーマル素体かな。ツンデレのアップ。ツンデレどっちつかず。ツンツンデレデレアクションフィギュアらしい、飾り気のない髪。この組み腕は固定パーツだ。可動する腕に替えて胸元を開いたところ。figmaは淺井氏の意向だろうか、バストがそこそこあるはずのキャラでも、けっこう見た目のサイズが抑えられてしまう。おまけ色々ある中で、おおきいのが鞄。ほかにもあるはず――なんだが、ノートを写し忘れてた! 撮影したいけど、もはや現物は倉庫の奥で、容易には取り出せない。軟質素材で前後2枚に分割されているスカート。脚部なぜか靴下姿にできる。室内でのお仕置きポーズとか、狙ってる?下着はいつもの白いヤツ。

2011年発売フィギュア レビューリスト