俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1/8新垣あやせ フィギュアレビュー

発売:2012/02:コトブキヤ寿屋 原型:てるゆき(Mフィールド)

あやせあやせコトブキヤ俺妹ラインアップは痒いところに手が届く。待ち望んでいた、制服姿のあやせだぜ。たいていのメーカーからは桐乃と黒猫しか出ないんで、ありがたい。あ、俺妹はfigmaも凄かったな。それではくるくるって回って貰おうか。モデルだけにきれいな後ろ姿だぜ。途中で表情パーツ交換。できる女。俺の妹のクラスメイトがこんなにラブリーなわけがない。アップだぜ。原型師こそ違えど、どのキャラも似たような雰囲気に調整している。それだけコトブキヤの舵取りが上手いってことだろう。微笑みだぜい。ただ飾るだけならこちらがいいかもね。髪の毛をちらちらって見てみる。うすいグラデーションだ。つや消し黒の塗料はすぐ跡が残るので、扱いには注意。下の写真でも、真ん中へんにうっかり擦れた私の爪の跡が。つや消しの表面はそれだけ弱い。胸はありそうでないようで、そんなバランス。正面からはほとんど目立たないバスト。セーラーの襟に組み立てたおばさんの指紋が写ってる。ちょっと外れ個体か。数十センチも離れたら見えなくなるぜ。爪は塗ってない。背中だよん。へそ出しスカート。モデル歩き足。台座の挟みシートはシリーズ共通で置き換え可。もう一種はノーマル。ここよりぱんつのパート。キャストオフで、中学生にはとても見えない下着があらわに。どアップでいこう。ヤバげなスジさんはないけど、清楚なイメージが大きいあやせだし。それでもヒップ側の食い込みは一流だった。白パン万歳。

2012年発売フィギュア レビューリスト