劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 1/8美樹さやか舞妓Ver. フィギュアレビュー

発売:2016/01:アニプレックス 原型:宮嶋克佳

さやかちゃんでしたー。杏子と手繋ぎ。このパーツ、さやかに付いてるものだ。元絵2人ぶんの箱写真でも合わせ再現可能。さやか単体まあ飾るならやはり杏子と一緒のほうがいいだろうけど、これはこれで。劇中では自己犠牲属性の高い悲劇のヒロイン。だから修学旅行でもないとなれないこの舞妓さん姿は、まずありえない空想のさやかだ。ほかのキャラと違ってよりIF感がより高まるその儚げさ。でもさやかの性格や人格はどちらかというと元気一杯な感じ。髪もショートだし武器は近接の剣だし、属性って感じでいえば難しそう。こちらへ手をちいさくフリフリ。舞妓シリーズ、さやかと杏子でメインヒロイン全員が揃ったな。企画段階も含めれば、足かけ3年以上のロングシリーズだ。このクオリティを維持したまま最後まで無事に出てくれてグッド。燃えと違い市場の小さな萌えフィギュア、ヒロイン網羅は何年もかかるのが普通で、途中で挫折したりぽしゃったりとゴールできないことも多い。で、最後に楽しいギミックを実装してきた。こいつもキレイに一周させよう。すでに書いたけど、飾るならズバリこの状態だね。さやかと杏子、アニメではガチ対戦を何度か繰り広げたいわくつきの組み合わせ。性格や属性は正反対の、デコボコなコンビだ。いやあ、晴れ着姿の女の子が並んでるのは絵になるぜ。本当ならほかの子も交えて勢揃いで写すのがキモなんだろうけど、フィギュアの山に埋もれて発掘とか……無理だなあ。斜め上より。絞りを開けて。記念撮影バストアップ視線正面顔正面。あまり鼻が目立たない。さやかの髪は擦れ傷がつきやすいので取り扱いは注意。舞妓な服。背中ここ萌えポイント。番傘つないだ手。ディテール細かいしアップにしてもモールドラインほとんど分からない。処理が細かい。さやかの模様は全体的に夏と祭りをイメージしてるのかな。金魚ぱんつはたぶん白い。

魔法少女まどか☆マギカ シリーズ レビューリスト
2016年発売フィギュア レビューリスト

© 2005~ Asahiwa.jp