らき☆すたEXフィギュアVol.2 フィギュアレビュー

発売:2009/09:SEGAセガ 原型:Fio(Reply From)

SEGAリアル頭身フィギュア第2弾は新入生コンビ。 このサイズでの商業フィギュア化は初だ。 小早川ゆたかプライズなので仕上がりにあまり期待はしないほうがいい。 だが原型はそこそこ良かったように見える。 このポージングが塗りやパーツ精度のアラをカヴァーしてると思う。 元気にスコートのヒラヒラをチラ見せながら、ビシっと。 足の開きもポイントだね。 アップ この顔は好き嫌いが分かれそう。 ほぼ正面周辺のみの角度限定だぜ。 いっぽん ややダボダボなセーラー服。 胸はない。 背中 お姉ちゃん分の泉こなた同様、おなか露出は標準装備。 スカート 元気に広がっていて良し。普通に横より見てるぶんには下着が見えないきわどさも。 ひざの裏とかにも薄くグラデが吹かれていた。 パンチラ パンツは白だじぇ! プライズ系のフィギュアってとても純白率が高いね。 前回はスカートとペチコートが別造型だったけど、今回は一緒。 おしりの下肉がパンツに食い込み盛り上がり。 やっぱらき☆すたフィギュアのスカートの中は、ペチコートがないとらしくないよね。 でもこんな超ミニペチコ、どこで売ってるんだろ。 岩崎みなみクール系に仕上がった。 ついでにほぼ直立で動きなし。ダウナー系ってやつだな。 でも控えめな動きがあって、それは突き上げた指ではなくて、もう片方の手がスカートの裾を抑えてるところ。 それもまた、こなた的に言えば隠し萌え要素なり。 下より。 クールな表情だ。 岩崎みなみ単体では「なにこの無愛想フィギュア」って感じだろうから、みなみファン以外にはゆたかとのセットは欠かせないかもね。 ゆたかよりは普通に見られる角度の範囲がぐんと広い。 かなりの撫で肩だ。ゆたかは肩が張ることで着膨れてる印象を与えてたけど、こちらはスリムできっちり可愛くこなしてる感じ。 視点を横方向へシフトさせると―― 絶壁出現 セーラー こちらも地肌が露出していた。 スカートを持つ手。 は、恥ずかしいぜ、感を満喫。 足はストッキングで覆ってる。 台座 下はもちろんストパン。 パンチラ的に撮影してみた。 塗りが雑なのは仕方ない。それを除けば、なかなかに良いパンツではなかろうか。 最後はどアップ。

2009年発売フィギュア レビューリスト

© 2005~ Asahiwa.jp