らき☆すた figma泉こなた冬服Ver. マイプロデュース編 フィギュアレビュー

発売:2008/07:マックスファクトリー 原型:浅井真紀

らき☆すたfigma第2弾 「こなたです」 「今日は私が私の後輩をプロデュースする日」
「よろしく先輩」 「背景にどこかで見たネコと後輩泉こなたが」 「では後輩こなた、一周開始」
「手や顔はパッケージされていたデフォルト状態だよ」
「ちょい待ち後輩。そのポーズはどうかと思うよ」 「じゃあこんな感じでどう?」
「あいまい3cmっぽいからいいと思うよ」 「回る回る〜」 「私は回る〜〜回転寿司」 「ローリングサンダーボルト〜〜」 「昔のアニメはお父さんがいっぱいビデオ持っててね」 「それずっと見てたのに目が悪くならない私って凄いでしょ。褒めて」 「独り言多いよ」
「だって緊張しちゃって先輩」
「次は顔アップだよ」 「あっぷっぷ」 「あ〜いま〜い」 「3cm?」 「フェイスチェンジ! 連続で行こう」
「>ヮ<.」 「先輩のきりりっ」 「=ω=.」 「泉こなたでアホ毛は欠かせないよね」
「アホちゃいまんねんパーでんねん」 「てもてーてもてー」 「てもてーてもてー」 「てもてーがいくらあっても足りないよ〜〜」」 「髪の次は胸だね。後輩ちゃんもつるっつるだねえ。おっきな萌え要素だねえ」
「私が先輩自身でもあるって自覚ある?」 「コンパクトな上半身!」 「そしてなにもない稀少な胸! 貧乳はステータスだ!」 「背中にはね、先輩にはない穴があるよ」 「半年で進化したねえ。こっちの穴も――」 「08式穴埋め付け髪」 「なんか生えてきたっ!」 「スカートいってみよう」
「先輩なんか視線がおっさんみたい」 「派手なアクションがないという判断からか、ハルヒシリーズとちがってスカートパーツは一体型だよ」 「靴のほうはね、替えパーツなかったよ残念。足元が映るなんて原作もアニメもほとんどなかったから、重要度が低いのかな 「疲れたろう後輩。チョココロネだよ」
「わお♪」 「やっぱ私は細いほうから食べる!」 ぱくっ――もぐもぐ。
「おおお」 「あいきゃんのっとすとっぷ!」 「ぷりんぐるす!」 「ポテトチップス関係ないし。ときに後輩よ、頼みがあるんだけど」
「いまの私は気分が良いから、たいていのことは聞き届けてしんぜよう」 「さあ、片足あげて」
「いくでガンス」 「ほらスカート下のスコートを再現だよ」
「え、なに、写してる?」 「後輩ちゃんどうしたんだい。本番はこれからだよ」
「……スカートの中ってこと?」 「もちろん決まってるじゃないか。だって、私たちってば、萌えフィギュアだよ?」 「……じゃーに−」 「あれ、逃げた? てか反則じゃん!」 「レビュー放り出してどこに行くんだよ後輩ちゃん」
「いや! ぱんつ見せるとかエッチじゃん」 「みんな通る道なんだよ。ここは我慢して、ね」
「ねじゃないよ。やりたくない」 「白い布なんてギャルゲーでいつも見てるじゃない」
「どちらかというとしましまのほうが!」 「もしかしてシマシマじゃないとダメって?」
「性欲をもてあます――じゃなくって、とにかくダメダメ」 「どこまで逃げてもだめだよAHA」
「どこ? ここどこ?」 「うわっ」 「……この本は?」
「おお、これは伝説の」 「丁dai聖典だよ!」
「なんだってー!」 「おおっ! 女の敵がめっためたに! 愛があるよ、最高だよ、ぐっじょーぶ」 「ふふふ」 「盗撮するならいまのうち」 「……私が逆に見られてどうする」
「先輩?」
「やべっ」 「うわやめrくぁwせdrftgy ふじこlp;」 「まったく最近の私はなんてエロいんだろう。さすがに疲れたよ」 「どぞ」 「ふうっ。ありがとさん」 「ちょこころね、ちょこころね。ぱんつ守り通して偉いぜ私!」

2008年発売フィギュア レビューリスト

© 2005~ Asahiwa.jp