BEACH QUEENSらき☆すた 1/10泉こなた水着Ver.&1/10柊かがみ水着Ver.

2010年発売フィギュア ら行タイトルフィギュア
発売:2010/08:WAVEウェーブ 原型:千鶴(鶴の館) 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 こなかが仲良く百合の花。 2体同時発売だ。 大本命の絡みディスプレイ。指定された替えパーツのままで構成してみた。 らき☆すた歴代マスプロフィギュアの中でも、けっこう上位に入る出来じゃないだろうか。 WAVEのフィギュアはサイズが小さめなのが欠点だが、元々情報量の少なめならき☆すたで見れば、けっこう出来がよいと思うフィギュアも多い。 うしろ。うむ、百合だな。 水着姿でこなたが仕掛ける五秒前。 原型は実力派の千鶴氏(サークル鶴の館)。 WAVEも良いチョイスをしてくる。私の場合、水着フィギュアはスルー率がけっこう高いが、今回は我慢できなかった。アップ 正面アングルがベストかな。ふざけるこなたと、突然のことに驚くかがみん。 こなたの表情も良い。「…………」 攻めのこなた、受けのかがみん。泉こなた水着Ver. とりあえず一周だぜ。 こなた単体ではバランスが悪くて、すぐに前に転ぶ。やはり2体同時購入が前提だろう。 そういえば2体同時購入を前提としていながら、単体ではあまりにアレでナニだったのが、某タキの某まーりゃんとかだったな。セットでない状態では完全にあれすぎて、泥人形扱いの一時期代表格だったね。 そういうのと比べればこちらはいちおうこなただけでもちゃんと飾れるし、違和感もない状態になっている。むしろ百合っぽいほうがおまけみたいに―― ――と思ったけど、すでに述べたようにバランスが悪いので、こなかが抱かせて百合観賞が一番良いだろう。 なんとも幼めなボディにおおきい顔。バランスいいロリだ。 こなたアップ。 首はボールジョイントでぐるぐる動くようになってる。 らき☆すたの顔ってちょっとでも油断するとすぐに崩壊する難しめバランスの顔だと思うんだけど、アニメ終了より3年も経過していて、2008年ごろと比べたら普通にどの角度でも見られるらき☆すたフィギュアのほうが多くなっている。 こちらの表情もいいね。 アホ毛は動くぞ。 かわいく結わえた長髪。 作者自画像? のプリントされたビーチボール。 胸? そんなものはない! 太めでぷにぷにな腕だ。 おへそなど。脚部 らき☆すたなので股間など眺めてもエロはほぼない。 おしりの空間だけはエッチいかも。 つぎはかがみんの番だ。柊かがみ水着Ver. 大胆な水着になってきたぜ。 いくら水着が魅せるもので露出が多くても、かがみんのスリーサイズはごく無難で普通の子。 精一杯がんばって背伸びしてる印象だ。 頭身はいくつくらいかな。6? このかがみんもこなたと同じく、らき☆すた的にほどよい造型バランスに仕上がっている。 かがみんは単体ではこなたよりも不安定で、そよ風で倒れてしまう。こなたを抱きつかせて安定させよう。アップ もしかして過去のどのかがみんよりもバランスが良くて可愛い? これで1/10スケールじゃなくて、1/8くらいならもっと評価できたんだが、スケールに応じていまどきのフィギュアにしては値段が抑えられているくらいかな。 ツンデレの象徴、ながいツインテール。 それをおだんごにしたパーツへ替えられる。 浮き輪。すぐ転ぶのがこれによる重心の偏りかな。 アイスキャンディー。抹茶味かなこの色は。 らき☆すたの象徴、星マークを散りばめたあぶない水着。 紐かよ。紐だらけだよ。おなか周り背中側 ホックすぐ外れそうだね。 手足まで寸胴だったこなたと違い、女らしい脚線が走る。 下のエロ度はやはり低い。 でもヒップの空間だけは、ローレグ気味な水着だけあって大きく見えるね。 あまり大きくないフィギュアだけど、ファンは買っても後悔しないと思う。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp