アルター ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル 1/7南ことり ホワイトデー編 フィギュアレビュー

発売:2019/11 原型:稲垣洋/飛田崇文 彩色:鉄森七方

ホワイトデー編シリーズ、始動。最初は天然ことりちゃん。メーカーはALTERだ。癒やし系らしいオーラを放つフィギュアだぞっ。箱はクリア。ホワイトデー編フィギュアはことり含め3体が予定されており、全員がお座りポーズ。アルターのアイドル系ステージ衣装フィギュアはラメたっぷり散りばめたものが比率的に高い。飾る環境や照明によってテカテカ輝きそうだ。ホワイトデー編でことりの衣装はキラキラ度がやや抑えられてるほう。ほかの子はもうちょっと派手かな。シリーズだけあって基本デザインは似たようなものだが、細部がキャラごとに異なっている。ことりはその性格に合わせ大人しい感じ。だけど女性らしい華やかさはしっかり花やリボンで表現。頭のリボンはホワイトデーに合わせてキャンディーになってるなど、細部まで丁寧なデザインだ。フィギュアは延期されてきたけどアルターだし完成度よければ満足度は高い。もっとも最近のアイドル系ステージ衣装(あるいはそれを意識した)フィギュアは出来の良いものがとても多い。アイマス系もそれ以外のマイナーコンテンツも、むろんこのラブライブも、ステージ衣装フィギュアの完成度はなぜか高くなりがちだ。もしかして中国工場のテンションがこういうフィギュアだとあがるのかな? いやほら、中国人って祭りのときの盛り上がりが日本人よりさらに凄いし。なんか適当な効果。おなじく適当な効果。とくになにも考えてない。バストアップことりちゃんフィギュアの中では大人びて見えるほうの顔パーツかな。垂れ目ってだけで穏やかに見えて得をしてる子だぜ。これでもμ'sの初期メンバーだ。キャラとしての担当もはっきり。茶髪グラデは扱い注意。簡単に禿げるし色移りする。衣装など。白系は汚れが目立つので、汚したくなければガラスケース内で飾ることを推奨。全体が淡いカラーリングで、意外にホコリが付いても目立たないので、ケース外で飾ってもけっこう見栄えの良さは維持される。背中など。ラメたくさん。スカートと足と台座。ぱんつは白。下着としてのディテールがないので、これは見せパンだね。オーバーパンツ。しかし薄いけどすじありだ。

ラブライブ! School idol project レビューリスト
2019年発売フィギュア レビューリスト