コトブキヤ 寄宿学校のジュリエット 1/7王胡蝶

2019年発売フィギュア か行タイトルフィギュア
発売:2019/06 原型:株式会社エムアイシー

 妹よりもロリな姉。 姉妹で監督生。 2人並んで飾ると幸せになれる内容。 このレビューでは姉の胡蝶をアップ。 写真ではめっちゃキレイに見えるけど、かなり長時間(1時間以上)コツコツ清掃してから撮影したもの。黒はホコリが目立つ。 アルター、AMAKUNI、メガ屋などと違って、コトブキヤやプラムは比較的ホコリの付着が多い。その代わり1〜2割ほど安いが。レビューでは撮影に際しその9割を念入りに吹き飛ばしている。 ホコリ量はそのまま通販で届いたフィギュアのレビュー順にも影響する。コトブキヤの速攻アップ率はアルターと比べたらかなーり低い。胡蝶はホコリ多いメーカーに加えホコリ目立つ黒の面積が多く、2週間以上も置いてから。 ホコリを飛ばせば純粋な塗装はキレイで、可愛い姿を晒してくれる。 頭の大きいロリ頭身。髪型もロリ、顔もロリ、体もロリ。 この背中を見れば、高校生とは思えないだろう。天才で飛び級14歳という設定。 ロリコンでチャイナっ娘が好きなら買い。 妹のテリアのほうがよりチャイナっぽく、胡蝶は日本人的ロリ属性が濃い。 いい腰じゃないか。スリットはヤバいな。現実にいれば朝から夕まで男子生徒たちの視線を集め続けるだろう。 萌え袖の奥は造形されてない。完全に隠れて謎の手だ。 頭は丸く、髪の毛の割合が高い。ロリキャラ色を高める。 上から。 2人並んで。やや強気な姉と、消極的な妹。顔つきがそのまま性格をあらわす。ご尊顔 清掃の痕跡が前髪に残ってるな。グラデーションの吹き付け塗装はどうしても擦れに弱く、集中をわずかでも切らせば清掃作業がフィギュアを傷つける。注意だ。 塗装がけっこう繊細で、ツブツブ細かいぜ。 胡蝶というように、リボンがチョウチョだ。金色の耳飾りはなんだろうか。 髪の毛を後ろより。とってもロリ。現実ならおおむね幼少期にしかとらない髪型だが、オタク向けにフィクションのロリ少女たちはリアルを無視し、それらの髪型をしてくれる。 上半身と萌え袖。 細身の体とS字カーブ。ロリと大人体型のS字は相容れないが、フィギュアなのでいいのだ。 とても飾る場所に優しい台座。 ぱんつは手李亞とおなじくシルク。

寄宿学校のジュリエット レビューリスト