一撃殺虫!!ホイホイさんLEGACY 1/1ホイホイさんプラスチックキット フィギュアレビュー

発売:2009/09:コトブキヤ寿屋 原型:御園翁人/青木将利

コトブキヤのプラモデルは初めて組んだ。1/1ホイホイさんリリース! この箱は保存するしかない!多色パーツ構成で瞳や文字は印刷済みなので、ただ組むだけでそこそこ綺麗に仕上がる。成型色にこだわらないのであれば一部塗装や部分接着で完全な配色を再現できる。さすがにバンダイ・ガンプラの超越的な至れり尽くせりには叶わないが、深い配慮で敷居は低いキットだと思う。なにからなにまですべてを塗装したい人のために、瞳や眉、文字のデカールも用意してあった。今回は基本そのまま組んで、道具とABS接続部、リボン接続部などを塗り、顔面や髪のモールドに薄く墨入れを行った。黒色パーツのカット部には黒をちょっと塗って乾く前に拭き取る方法で目立たなくしてる。非可動部ですぐ取れそうな部品、取れたらそのままなくなりそうな部品は接着している。完成まで約4時間。可動部は受けがABS、攻めがPS素材だ。頻繁に取り替える手首などの受けはPEとなっている。あまり可動しない部位はそのままPS。ホイホイさんの髪の毛は表に見える部分だけでも11パーツで構成されている。ちっちゃくて可愛いのである!ちまこら動き回る本物のホイホイさんが登場するには、あと何年かかるんだろうね。アップ。表情は変わらないが、瞳パーツが3種類ある。これは右向き。デフォルトの正面視線。寄り目だね。3種類目は左視線。アホ毛はくるくる可動する。頭頂より。複雑に折り重なる髪の毛だ。ネジにもそれっぽくぷち塗装を。ここも地味に可動する。端子まで再現されてた。髪の毛首の動きに合わせてちゃんと可動する仕様だ。背中のUSB。ホイホイさんはロリでつるぺたなのだ。基本武装ここよりいろいろ装備替え。なにも持たない状態。なんか萌えポーズっぽく。二刀流もう一振りはfigmaシャナより拝借。ゴキブリを退治した後は掃除しないとね。
指定配色は紫だったけどあえてそれっぽく茶色で。エプロンこれも腰の動きに合わせるように上下に可動しちゃう。ホイホイさんの商品表示。可動域が広く、ふんばる姿も自立しながら簡単に再現。スカートの下は設定どおり。ペチコートはオミット。

2009年発売フィギュア レビューリスト