FREEing アイドルマスター シンデレラガールズTHEiDOLM@STER 1/8本田未央 new generations Ver.

2018年発売フィギュア あ行タイトルフィギュア
発売:2018/04 原型:ATSUMI 彩色:ピンポイント 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 FREEingニュージェネフィギュア化、始動のちゃんみお。 アニメ1期で真っ先に結成されたユニットの、元気担当。 値段抑えるため1/8スケールだ。衣装はアニメ版。 1/7〜1/6スケールが主流になってる中、FREEingはわりと1/8を採用する。 1/8でも情報量は多いね、下の一枚のように。なんとなく倒置法。 ウェブ上の評価はなんかイマイチらしいが、写真で判断されたし。 量産フィギュアがペイントマスターやデコマスより完成度を落とすのは普通。パーツ精度が落ちるのは普通、塗りで劣るのは普通。維持するのは珍しく、逆転するのはそれこそ滅多にない。 だからこそ最終リリースとなった実際の発売フィギュアを現物レビューしていく行為に価値を見出せる。こいつの正体はこうなんだってね。 私の感想はニュートラル。うん、いつものFREEing、1/8スケールだね。それ以上でもそれ以下でもない。 1/8スケールが1/7スケールや1/6スケールより落ちるのは普通の現象だ。そういう「当然」を踏まえた消費者でありたい。 凄いものを買いたいなら1/7スケールより大きいもの、かつアルターやAMAKUNIに絞っていればいい。そうでないなら期待のしすぎは禁物と思う。 完成度としてはどうか? よつばとフィギュアがレビュー活動を開始した十数年前のフィギュアと並べたら、このちゃんみおフィギュアは「絶世の女神」だよ。 それだけ水準が向上してる。目の肥えた評論家がたくさんいるから、メーカーにとっては世知辛いね。 ニュージェネ3人とも購入予定、というか買った。 てなわけでちゃんみお、バストアップ。 パーツ精度はそこそこ。顔面パーツだけは妙に高い。どのメーカーも1ミリ以内の単位でこだわる。 お値段なりの完成度にはちゃんと到達してるぜ。これでプライズ並なら私でも酷評するからね。ほら普通に可愛い。1/8スケールとしてちゃんと出来てる。 まあ角度限定要素はあるけどね? 下の写真みたいに。もっとも斜めアングルはフリーイングに多い弱点でもあるけど。正面アングルを重視すれば、どうしても斜めが落ちる。帽子拡大 ニュージェネ衣装、正面。背中 シンプルな台座。ぱーんつ 多重ミニフレアに隠れるぱんつ。 ちょっと残念かな。でも設定通りだし。 ほかのメーカーならあえて「見える」面積を大きくしてくるところ。

アイドルマスターTHEiDOLM@STERシリーズ レビューリスト