アルター アイドルマスター シンデレラガールズTHEiDOLM@STER 1/7双葉杏なまけものフェアリーVer.

2018年発売フィギュア あ行タイトルフィギュア
発売:2018/04 原型:sai 彩色:星名詠美 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 アルターが細部までこだわりづくした妖精。 杏フィギュアとして過去最高の出来だ。ファンとロリコンは迷わず買うべし。異論は認めない。 なにより働いたら負け衣装などでスパッツ姿の多い杏としては珍しくスカート! すなわち下着ありけり、貴重! 下着造形に期待できるスカートつきがSSレア限定ステージコス(特訓後)で、しかもアルターだ。完璧なのであるぞ! 私のフィギュア棚(ガラス張り)は100体しか飾らない。そのアイマス枠で1体交替は確実だな。それとも艦これ枠を減らしてアイマスを増やすか? なんにせよまたアルターが増える。 組み立てはなく小綺麗にまとまっており、飾りやすい。それでいてこのディテールと情報量。じつに細かいぜ。 杏は合法ロリ系キャラだ。17歳で139cm。 まさに妖精。 まさにロリ。 ついでに髪の色も薄くて西洋的な。 この衣装、現実であつらえたら着るだけでどれほどかかるんだろう。 デザインはかなり杏のキャラとマッチしてる。専用衣装だし当然か。 原型sai氏(アリヌとsaiの工作部屋)、彩色毎度の星名詠美氏。 いつものアルターさん、いい仕事でござる。顔はイラストが目をつぶってるのから改変しておめめぱっちり。たぶん目を開くと閉じるでは何百万円もフィギュアの売り上げが違う。 フィギュアのお仕事って造形師とデコマス塗る人以外はほとんど名前が出ないけど、量産をクオリティ高く仕上げるディレクターたちの仕事も大変だ。 彼らの功績は勤めてる会社へブランドという形に還元される。月給として安定した固定収入を得られる代償として、仕事や名前が表に出ることは100人中99人までない。企画の監督でありながら徹底した無名。 大勢の手を経て得られた奇跡の具現化。日本に住んで、この時代に生きていて良かった。 さあ現物を手に取ろう。レビューサイトや通販サイトの写真で満足してるのは勿体ない。たまにそういう作品がある。少なくともこの杏は私的にそれ。 ロリ系フィギュアはエロスが不足しがちなぶん、萌えと造形と美に集中できる。 レビューアクセスなどで人気が出やすいのはじつは色っぽい子だが、うちでは需要を無視してひたすらロリ可愛いを求めている。可愛いは正義。 フィギュアが高くなってもプライズ購入率を高くせず、フルプライス中心でいつづけるのはやはりスケールフィギュアの完成度ゆえだ。プライズがレベルアップすればフルプライスも完成度を高める。当然の傾向。 写真で魅力を伝え切れたらいいなと切実に思う。実際はどうだろう。なまけものフェアリー 手から腕、ワキ。 細部までアップにしてもアラは見つからない。パーツ精度高くて工作精度も良好、接着剤のはみ出しなども簡単には見つけられない。 杏のシンボルアイテムである抱きぬいるぐるみもオシャレだ。 フェアリーの羽根は大きすぎず小さすぎず。 クリアパーツを外側に、5重フレアスカート。台座 うむ、股間の間、白い布の中央に走る一本のすーじー! 見られることを前提としたアンダースコート。  だが造形的な再現はアンスコ(ブルマ系)よりもショーツのそれ。 おしりの形はロリらしい平らぶり。 だがしかし、すーじーだよ。アルターが縦を彫ることは少ないので、変態ロリコンども狂喜だぜ。にやにや。

アイドルマスターTHEiDOLM@STERシリーズ レビューリスト