ファット・カンパニー アイドルマスター THEiDOLM@STER 1/8双海亜美&双海真美 フィギュアレビュー

発売:2017/01 原型:間崎祐介 彩色:まいもっち(鶴の館)

アイマスシリーズの元祖ロリ。まだ小学生時代の双海姉妹かな。このレビューは最新の高性能ティルトシフトレンズ(ガチ業務用)を使った初記事。下は普通のレンズには無理なボケ方してる。じつは双海姉妹を指定どおりに組み立てられてない。亜美(後ろの子)の左手が真美(前の子)の肩に乗ってない。購入からレビューまで3年間未開封だった間に、パーツが固くなったかな。セッティングだけで30分くらい掛かった。本来ふたりは密着してるのだけど、長期間放置の影響か合わせが悪くなり、1cm以上の隙間が開いちゃってるな。というわけで未開封で何年も置いておくのもあまり良くないかもって話。パーツの接着も剥がれてた(下の写真、背中の奥にチラリと接着剤の痕跡が見えてる)。こういうのでズレが拡大した模様。2人セットなので個別販売はされてない。ゆえに双子揃って飾るのが唯一でデフォルトだ。そのぶん値段も高くて2万円だ。レビュー時点でも新品1.4万くらいする。元ネタはアニメ円盤ジャケットイラスト。それをファット・カンパニーが立体化するシリーズの第9弾で、おそらくもっとも高価。もっとも若年のアイドルらしく、原色寄りに明るくカラフルな色彩で飾られた。 イラストを細部まで忠実に再現するべく、細かいパーツの素材には金属も使っている。 この1枚もティルト機能を使用。通常ならF36まで絞らないと無理なピント範囲をF8で得られた。この数値が小さいほどピント箇所の解像感が増し、ブレにくくなる。亜美ちゃん(開眼)真美ちゃんキヤノンの業務用レンズ、ボケ質がすごくいいぜ。亜美バストアップ口がなんかアホっぽいのはまさにそのキャラ通り。開眼。ついでに亜美の腰パーツの歪んだところを修正し組み直したら、左手が肩に乗ったよ。前に戻っての再撮影は――すまん、しない。ここまでに2時間掛かってる。個人的にこちらで飾るのが可愛い。真美口がゲームCGよりアニメっぽいが元ネタはアニメ絵だったね。どや顔にも見える。髪など。ふたりともほぼおなじ服なので細部アップは限定で。長袖ミニスカワンピース服の質感がなかなか良い。台座。これもレンズを傾けるティルト機能でF20は必要なところF6.1。亜美ぱんつ黄色いしわの質感ガチだぞ。真美ぱんつこちらも黄色い。しっかりローティーンズ向けぱんつのディテール。ロリコンは喜ぶべし。

アイドルマスターTHEiDOLM@STERシリーズ レビューリスト
2017年発売フィギュア レビューリスト