春ちゃんの気象豆知識 ねんどろいど春ちゃん

2011年発売フィギュア は行タイトルフィギュア
発売:2011/04:デジターボDIGITURBO/グッドスマイルカンパニー 原型:伊藤霊一/ねんどろん 素材:PVC/ABS 分類:アクションフィギュア

 ねんどろいど(でかいの=本家)を買うのは2008年4月以来、じつに3年ぶりだ。 ねんどろいど本家はあまりにも発売ペースが早く、「これは手を出したら資金的にやべえ」と判断して基本買わない方針でいる。外伝的なねんどろいどぷちはペースが遅いので買っている。ネットを見回せば、ねんどろいどをコンスタントに買っているレビューサイトはスケールフィギュアの購入頻度もレビュー率も低下してゆく。よほど購入ペースが凄い一部を除いて。月間10タイトルちょいなうちクラスでは不可能だろう。そういうところがやばい魔性のシリーズだね、ねんどろいどは。 これまでは東方Projectですらねんどろいど本家はスルーできていたのに、春ちゃんはさすがに回避しきれなかった。それも春ちゃんはスケールフィギュアが出る見込みが低いと判断したからだ。理由はNHK公式を担当していたヘタウマ絵師の降板だ。NHK+素朴の絶妙な加減が受けていたのだから、それがなくなれば普通の萌えキャラになってしまい、魅力が削がれる――と思ったら、4月半ばにいつのまにか元に戻ってたんだね。まあいいか春ちゃんのフィギュアは現状デフォルメ物ばかりだが、完成度的にこれを超えるものはない。 ねんどいど春ちゃんさえ買ってれば、ほかは不要と断言できるほど別格の仕上がり。さて、春ちゃんの一周中だぜ。 ねんどろいどは150以上も展開されたおかげで、パーツ交換型アクションフィギュアとしてすでにシステムが完成されている。 そのおかげでオススメポーズのみで撮影は比較的順調に進められた。figmaより楽だったかも。 かわいいのう、かわいいのう。こいのぼりポーズ どうでもいいけど私は春ちゃんの放送を生でみたことが一度もない。夜中から昼にかけての仕事だから、21:00〜22:00なんて時間的に100%寝てしまってる。 かわいいのうかわええのう。 これは買って正解だったな。余裕があるときは時々ねんどろいども良さそうだ。お顔アップ ねんどろいどはfigmaやリボルテックと違い、かなり大勢の原型師が携わっているが、ねんどろんという監修システムのおかげで顔造形が一定の範囲で安定している。 だから原型師の腕の見せ所は顔以外の細部かな。それもしかしデフォルメゆえに難しそうだ。 と思ったら、この風邪引き具合は良いね。ぼさぼさ。怒り顔 謎パーツ「春」は取り外し可能だ。ネットでは間に噴射や火炎放射のエフェクトパーツ挟んだ変態プレイが流行ってたっぽい。ギリシャ風古代ギリシャ風 とことんギリシャ風。 お座りパーツ。ほんと交換パーツだらけで遊びが多い。こいのぼり(お母さん) でっけえ口だぜ。 持ち物いろいろ。 ディスプレイし忘れてたねこ野郎。 パンチラその1。ぱんつ造形なさそうに見えるけど、じつはパンツに相当する部分だけ1〜
ミリほど丸く盛り上がっていて、たぶん意識して作ってる。 パンチラ2 ……じゃなく、モロ。ねんどろいどは健康パンツだぜ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp