コトブキヤ SSSS.GRIDMAN 1/7宝多六花 フィギュアレビュー

発売:2019/12 原型:海鞘満

ヒロインでクラスメイト。特撮からなぜか萌えアニメキャラが。黒髪ストレートはオタクを殺す髪。箱イラスト素立ちでシンプル。あ、こちらが1枚目にすべき角度だったか。まあいいや。小さい面積ですっきり。このフィギュアはシンプルで場所も取らないので、積極的に飾りたいね。台座は盛り上がった道路の一部。どうでもいいけど作品タイトルのSSSSは読まないそうだ。腿がやたら太くてむっちりしてるのはキャラデザ坂本勝氏の特徴――では、とくにない。六花もアカネも、下半身むっちりだぜ。そのエロ属性のせいか、フィギュア企画がたっぷり。うちで予約してるのは六花のほうばっかり。理由は察して。おなじ壽屋から発売されるアカネと並べたら、いいディスプレイになるはず。片手落ちでごめんだぜ。そういうのは他のレビューブログや作品の熱心なファンに任せる!クオリティはいつものコトブキヤだ。とくに良くも悪くもなく。耳の周辺でなんか色移り? がちょっと目立ってるかな。顔面すら綺麗ならいいんだけどね。顔は人形の命と、昭和の昔からCMで言ってるそうな。ほら美人だ。髪を雰囲気優先で絞りわざと浅くして写してみた。胴体。けっこう寸胴だが、それがいい。むちむちはアカネの担当。根元が太く先細りの特徴的な足。こういう足が好きという属性だったりするのが、萌えオタク界隈の面白いところ。なんでも属性になりうる。台座パンツはピンク。防御はかなり堅くて、まさにパンチラ。アニメで鉄壁ガードでもフィギュアは見えるのがいいねえ。

SSSS.GRIDMAN レビューリスト
2019年発売フィギュア レビューリスト