コトブキヤ ガールズ&パンツァー最終章 1/7西住みほ

2018年発売フィギュア か行タイトルフィギュア
発売:2018/05 原型:橋本涼 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 フィギュア道シリーズに主人公みぽりん。
 シャープなパーツで構成されるフルプライスは一瞬を切り取る動きあるポーズに向いている。  コトブキヤのガルパンはミニヴィネットだよ。 フィギュアのための描き下ろしイラスト。公式スタッフの仕事だ、妥協なし。 二次元の嘘をコトブキヤらしい顔と造形バランスへ昇華させた。 イラストをそのまま立体化すると腰とかに矛盾を抱えるんで、フィギュアは3次元になるよう修正される。それも踏まえての似てる似てないが論じられる。 コトブキヤは似てる以前に「コトブキヤっぽい顔」が確立されており、原型が誰でも一目でコトブキヤだなぁっと分かる。それも味。 どうでもいいけど主人公みぽりんの大洗女子制服のフルプライス&スケールフィギュアは意外に少ない。 コトブキヤはほかのメーカーより値段1〜3割低くて買いやすい。迷う理由はないな。 これからパンツァーゴー! 出陣だってシーン。 戦う少女のフィギュアだ。 光の感じで服表面のディテールしっかり。 どの角度で見てもかわいいぜ。 角度にもよるが、なんかちょっとドヤ顔っぽく見える。 角度を選ばないバランスよい造形。 斜め撮り。 最近あまりやってないコントラスト調整加工。商業撮影のサンプル写真だとマイナス評価どころか論外らしいけど、素人の趣味の好き勝手なレビューではなにやってもOK。 てなわけでバストアップ。 ベストアングルやはりこれだね。イラストの角度。 今日の撮影は構図適当だ。あまり考えてない。 できるだけ連日アップして積みフィギュア崩したいので、手抜きを恒常化させている。すまんね適当で。 適当に写した髪。適当なので適当。 制服、上半身。 横から。よく水とも背骨から腰にかけてS字カーブだね、萌えの基本姿勢。背中背中その2 台座は正門。魚眼的にデフォルメ。 ぱんつは白い。 鉄壁の防御で見えない下着も、フィギュアなら簡単に拝めるありがたさ。 下着のディテールはさほどない。 あまり性的なニーズで買うフィギュアじゃない。 セクシーぱんつならウェーブのパンツァージャケットシリーズがオススメだぜ。ただしガルパンにしては、という比較上の話であって、ガルパンはエロを求めるコンテンツではない。

ガールズ&パンツァー レビューリスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp