ファインクローバー ガヴリールドロップアウト 1/7天真=ガヴリール=ホワイト フィギュアレビュー

発売:2019/12 原型:宮田夏帆(ピンポイント)

単行本1巻表紙ただし天使の環なし。大天使ガブリエルのミドルネームを与えられるほど優秀なのに、堕天まったなし!座ってる系フィギュアは箱がコンパクト。コミック1巻の表紙をモチーフにフィギュア化したもの。元イラストとの違いは、顔面および髪型がアニメ版になったのと、小物の配置変えと、天使の輪がないこと。地上にいる天使は日常で輪を隠してるし、ドロップアウトした天真は天使の輪を出すとなんか黒い(堕天の兆候)。天真がくつろぐ小空間をまるごと造形したヴィネット。エリートコースよりドロップアウトしつつある天真の日常を的確に表現しきったフィギュアとなっている。やはり天真のひととなりを示すには、ぐでっとしてる状態丸ごとが必要で、本人のボディだけじゃ不足する。可愛くも日常感あふれる堕落の少女。でかいぬいぐるみだぜ。けっこういい体してまっせ。屋内ではスカートなしジャージ姿で、アニメでパンチラしまくり。フィギュアのパンチラ防御はかなり高い。一見ではまるで「はいてない」に見えるほど。バストアップ原作ファンには違和感ある顔だろうけど、アニメと原作では天真は髪型も目つきも違っている。アニメのほうがもっと堕落してる感がはっきり出てる見た目だと思う。アホ毛は原作のほうが好きだが。髪など天真のシンボル、上だけ赤ジャージ。やべえな美少女が下半身いつも素足を大きく露出させてる姿。モバイルPCの画面はシール。ぬいぐるみとか。上から覗くとちゃんと下着見える。白か。アップにするとチラリズムだ。はいてないように見えるがよく見ればちゃんと白い布があるぜ。

ガヴリールドロップアウト レビューリスト
2019年発売フィギュア レビューリスト