KADOKAWA KDcolle Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ Licht 名前の無い少女 1/7 イリヤスフィール セイバーアルトリアVer. フィギュアレビュー

発売:2022/09 原型:グリズリーパンダ 彩色:ふんどし(松田モデル)

プリヤ劇場版制作記念 その謹製イラストを名人グリパン氏が立体化。さらに企画を版元KADOKAWAが監督。約束された成功のフィギュア。今回のOEMはグッドスマイルカンパニー。グッスマの仕事なら間違いないぜ。完成度は写真のとおり。巨大マントも無理なくひるがえる。イリヤのセイバー状態は近接攻撃力最強だが、それもアルトリアならさらにもう一歩上な感じか。王者らしい堂々とした立ち姿。ただしロリ。なにせ小学生ゆえさすがにコスプレ感はしょうがないが、「ロリ+偉い立場」はオタクコンテンツ萌え属性の王道でもある。偉いならえらい!元イラがある以上独自解釈の余地は少なく、シンプルなポーズにグリパン氏らしい動きのくねくねは抑制されているけど、スカートの内側にグリズリーパンダ氏の作家性が入魂されてた。ポーズの大人しさのかわりに、背景のトゲトゲとか荒々しい台座周辺とか、マントが動いてるぜ。スカートもだな。下から上からバストアップあえてマントがすべて収まる距離で上半身。このイリヤのフィギュアはマントありきだな。セイバーアルトリアのアルトリア成分にマントがだいぶ寄与している。鎧など聖剣エクスカリバーさん横。髪の色も髪型もアルトリア化。背中とか。スカート&足グリパン氏らしいきゅっぽんな股間造形。ここにいたよグリズリーパンダ造形。リボンあり

Fate/stay night レビューリスト
2022年発売フィギュア レビューリスト

© 2005~ Asahiwa.jp