電波女と青春男 1/6藤和エリオ フィギュアレビュー

発売:2012/04:PLUMプラム 原型:K@Z(Knead)

ぱんつ一丁一番エロいエリオが出た。イラストアニメ調のエリオだぜ。スケールは1/6とボリュームあるが、布が少ないからか、価格は1/8スケールていどに抑えられている。このポーズはやばいな。背中に載せてはいどうどう。figmaとかリボルテックとかで変態プレイできそう。ぱんつ丸見えで元気が出るぞ。飾るのに困りそうなフィギュアだな。下のほうだけじゃなく、上のほうもけしからん様子だ。性的に特化したエリオだぜ。顔もまあまあだ。レベルとしては普通かね。同日発売のコトブキヤ版はうちでは絶賛だが、酷評のレビューもあり、好き嫌いがはっきり出るようだ。それと比べたらプラム版はより広汎に受け入れられやすそう。似てる似てないでいえばこの子も似ていない。この髪の流れ方は色艶あるなあ。さすがエロエリオ。地味だが、髪の毛はパーツ分割が細かい。下の写真だけでも5つの部品が見える。それだけ髪の毛の表現にこだわってるということか。この胴体は――まさか、脱げる? そういや最近強制キャストオフさせてないなあ。時間足りないし。肩がしなやか。すごいシチュエーションだよなこの胸。髪に隠れてあまり見えない背中だよん。エリオとくれば素足。ほかのエリオフィギュアよりも一段と肉感的な足だぜ。腿とか。足裏の造型もなかなか。ここよりエロパート。胸はあまり見えんかも。指を入れて服をごわごわさせたらおっぱい半乳くらい見られるようだが、色移り激しく起きそうだな。乳首はないとの報告がある。バストサイズは設定以上の解釈だが、元が貧乳なだけにせいぜいBカップくらいだろう。丸出しぱんつ。個体差だったが、大量の気泡は……気にしないほうが良さそうだ。半ケツ紐パンだぜい。ピンク一色のぱんつ。塗りや接着のアラが許せるかどうかは人によるだろう。あるていどは消しゴムやハサミの刃、ベンジンで簡単に直せる。当サイトではちょっと古いフィギュアは状態の綺麗なものがほとんどだが、それはレビューに際し手入れしてたから。最近はレビュー頻度が高くてよほどを除いて直してないだけだ。股間にはすじ造型あり。エッチ度は高い。それにしても安産型なおしりだな。

2011年発売フィギュア レビューリスト